家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妻に言おう!!「愛している」と・・・!! 

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 15:44:50.83 .net

最初の頃は照れて好きだとか愛してるとか言えなかったけど、長年付き合ってる内に自然と言えるようになってた。
で、8年付き合って結婚する頃には、

「愛してるよー」
「あたしもー」

みたいな感じになってた。
それはそれで悪く無いんだけど、一回愛していると改めて伝えたいと思ってた。

で、初めての結婚記念日。
記念日は土曜日だったので前日から準備。
仕事中に花屋へ行って嫁の好きなピンクの花を購入。
家へ帰る前に嫁の好きなパンダの描いてある便箋と封筒を購入。
車の中で便箋に『嫁へ 愛してる』っていうのと普段の感謝を書き連ねて封筒へ入れた。
そしてそれらを車のトランクに入れたまま帰宅。

帰ってから、明日何かする?って聞かれたけど、飯でも食べに行くかってぐらいの受け答え。
普段通りそのまま就寝。

特技なのか分からないけど、何時に起きようって思うと大体その時間に起きれるから、その日は密かに午前3時に起きようと思いながら寝た。

そして3時。
嫁を起こさないように布団から出て、車から花と手紙を取って来てリビングのテーブルに置いてから再度就寝

朝になって二人とも起きたけど、真冬で寒いから布団の中でウダウダしてたけど、トイレを我慢出来なかった嫁が布団から出た


引用元: ・【集え】妻に「愛してる」と言ってみるスレ41【勇者】


スポンサードリンク
7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 15:48:25.94 .net

暫くしてからトイレに行った音はしたけど、全然戻って来ない嫁。
様子を窺いにリビングに行くと手紙を持ったままポロポロ泣いてる嫁。
俺を見付けると顔をうずめて静かに泣いてた。


8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 15:54:27.01 .net

花を贈るのも手紙を書くのも初めてだったけど、やって良かったと思う。
照れくさかったけど、こんなに喜んで貰えるなら安いもんだと思う。

先月、四回目の花と手紙を贈った。
今年は『愛してるって書いてないー』とむくれてたけど、言うのと違って未だに照れる。
来年はちゃんと書こうと思ってる。




11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 16:30:57.37 .net

素晴らしい!GJ!


13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 20:04:33.49 .net

少しスレチかもしれんが。
俺もこのスレに影響されて、突撃してみた。


先日の俺の誕生日。

最近仕事が忙しくて、俺が帰った時間には嫁さんと子供3人はすでに寝てる。
しかし、誕生日は奇跡的にいつもより少し早く帰れることに。

夜9時ぐらいに帰ると、嫁さんも5歳長男、3歳長女、9か月次女も
みんな起きてた。

『今日はみんなで昼寝たっぷりして、起きて待ってたよ。』
と嫁さんが言ってくれた。
部屋には長男が書いた俺の絵や、お誕生日おめでとうって書いてある
飾り付けがしてあった。

晩飯は俺の好きなカレーだった。
それと、日中子供と一緒にケーキを作ったそうだ。

そんなこんなで、やられっぱなしもイヤなので、前から考えてた事を嫁さんに言った。
言うまで30分ぐらいかかったけど、思い切って。
心臓バクバクしてしまったw


14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 20:06:06.89 .net

『俺の誕生日をこれだけ楽しみに祝ってくれるのは、世界中○○(嫁さんの名前)だけです。
 いまさらだけど、答えもわかってるけど、言わせてな。
 優しい○○が大好きで愛しています。
 一生大切にするし、ずっと一緒にいたいから、結婚してもらえますか?』

もちろん結婚はとうの昔にしてるんだけど、
実は嫁さんから、そういえば、私がずっと結婚したいって言ってて、そのまま結婚してプロポーズってされたっけ??って言ってたのを思い出して。
俺の誕生日だけど、俺以上にいつも喜んでくれる嫁さんに、改めてプロポーズしようって思ってた。


15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 20:07:50.81 .net

『結婚かぁ?どうしよっかなぁー?』と最初は嫁さんふざけてたんだけど、
そのうち、嫁さん号泣しだして、
『結婚したいって言ったの私からだし、料理も下手で俺さんが作るほうがおいしいし、
 子供の相手も俺さんのほうが上手だし、夜もいつも帰ってくる前に寝てしまうし、
 俺さんはいつもありがとうって言ってくれるけど
 私は俺さんが私にいろいろしてくれる事のお返しできてるのかな?
 私は毎日幸せだけど、俺さんは私じゃない人のほうが幸せだったのかなとか
 たまに考えてて・・・・。
 でも、よかった。ずっと一緒にいてください。』
って泣きながら言われて。

で、正座しながら言ってたんだけど、いきなり背中に鈍い痛みが走って・・・

『かあちゃんを泣かすな!!』『おっとう、ダメ!!』
(俺はなぜか子供に”おっとう”って呼ばれている。)
と長男、長女から襲撃を受けてしまって・・・

『ちがうよ、かあちゃんは、おっとうが言ってくれたのが
 うれしくて泣いてるんよ。』って言ってもなかなか納得してもらえず、
嫁さん、困り果ててた。


16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 20:09:36.24 .net

『子供たちが優しく育ってるのも、
 俺が毎日仕事がんばれるのも、全部○○のおかげだ。
 ほんとに愛してるよ。いつもありがとうね。』
改めて言ったよ。

『俺さんより、私のほうが10倍愛してるからね。
 だから、しょうがないから結婚してあげるよ。』
と言われたぜwww

そして、10時になり、消灯で子供寝かしつけてたら、
嫁さんも一緒に寝てしまいましたとさ・・・www



長文&つたない文章でスマン


20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 23:15:57.43 .net

>>16

妻や子供の為に頑張る!じゃなくて妻や子供がいてくれるから頑張れるんだよな!ホントそう思えるよ。


17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 20:18:03.85 .net

GJ!
子供の誤解はしっかり解こうな。


19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/20(木) 22:48:22.65 .net

子供がちゃんとやさしく育ってるのがイイですね。
かわいい!!
GJ!!


25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/21(金) 12:54:46.66 .net

そういう家庭に生まれたかった。
そういう家庭を作りたい。
ほっこり話サンクス!


53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/06(木) 22:49:04.00 .net

結婚記念日が終わった。

結婚18年目にして初めて花束を贈った。

俺 「あのさー」
嫁 「ん~?」
俺 押し入れをガサゴソ、隠しておいた花束じゃーん。
  「今日結婚記念日だよね。」
嫁 「あら。まー、どうしちゃったの?」
俺 「いや、今までこんなことしたことも無かったしさー。たまにはこういうのも
   いいかと。」
嫁 「ありがと。高く無かった?」
俺 「いや、まあ嫁子が喜んでくれるんなら、全然OK。職場のつまらん飲み会に行
   くの考えたら安いもんだよ。」

とまあ、なんだかんだいって、慣れないことをしてしまったので、嫁も俺もなんだか
ぎこちない普通の会話に終始してしまい、「愛しているよ」の一言まで辿り着けません
でした。orz

でも、その日は手を繋いで寝た。少し冷たかった嫁子の手が握っているうちにだんだん
暖かくなるのを感じて、なんだか気持ちが伝わっている気分にはなった。


56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/07(金) 01:43:16.01 .net

>>53
そこは、言ってから書かないと......


59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/07(金) 08:13:43.74 .net

>>56
そうなんだよ。結局、その日は言えずじまい。
でも、翌朝の嫁子はなんだかいつもより優しい。

せっかくの記念日に勇者になれなかった俺はなんだか悔しかった。
そこで翌日、子どもが寝付いたあとに寝室で勇者になることを決意。

おやすみ体制の嫁子の前で、正座する俺。
俺 「嫁子に伝えたいことがあるんだ。ちょっと座って。」
嫁 「え?なになに?」

といいながら、何かを察したように何故か正座。何故か角度が45度横を向いていて
恥ずかしそうにうつむいている。
俺 「結婚してからいっぱい喧嘩したけど、すごく良い時間を過ごせたと思うよ。
   こんな大切に思える人は嫁子だけだし、こんなに可愛らしい女性はいないと思う。
   昨日は花束渡しただけだけど、やっぱり言葉で伝えたい。嫁子、愛してるよ。
   これからも、ずっと一緒にいたい。」
嫁 なんだか照れくさそうに横向いて笑いながら。
  「ありがとう。私も、俺くんじゃないと、こんな風にやってこれなかったと
   思う。だから、これからもよろしくね。」

なんだか、そのあともいろいろとしゃべったんだけど、うれしくてあまり覚えていない。

嫁子は新しいパートが決まって、これからはあまりランチデートも出来なくなってしま
ったけど、子どもが留守番できるようになったら、たまには2人でディナーデートしようと
言ってます。


60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/07(金) 08:15:41.65 .net

>>59
GJ!


61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/07(金) 08:36:36.04 .net

>>60
ありがとう。>>53です。

緊張して正座している姿を思い出すとなんだか恥ずかしい。

思えば嫁子と出会ったのもこの季節だ。あれから20年以上。
付き合い始めたころも、ボロアパートの和室6畳だったなー。
「ずっと嫁子といたい。」とあの頃も
思っていたけれども、その気持ちは今の方がずっと強いです。

俺が就職して、すぐに友達もいない街へ、俺と一緒に暮らすためにやってきた
嫁子。今では、子どもにも恵まれ、貯金もたまって→100平米のマンション購入。
なんだか、幸せすぎて、現実感がない。すまん。

夫婦の寝室はやっぱり和室6畳。「あの頃も6畳だったけど、結局、家が広くても
2人で6畳で一緒にいられる時間が楽しいよねー。でも、子育て落ち着いたら、
また2人で昔行ったところとか、旅行したいね。」と言っています。

嫁子、大好き。


83: 81 2014/03/09(日) 11:22:36.28 .net

まずスペック
俺 25歳 会社員
嫁 26歳 主婦
結婚4年で小梨

まず前提として、俺は嫁にほとんど愛の言葉なんぞ送らん。
恥ずかしがり屋なんだよ。
それで、結婚した当初は毎日家で談笑していた。まあ当然だけど。
でも、3年くらい前に会社の企画が色々相重なって、殺人的スケジュールになっていたことがある。
その時は家に帰ると、飯を食う、風呂入る、寝るという動作しかしてなくて、それを30分くらいで済ましてたからほとんど会話出来てなかった。
正確には、疲れすぎて会話すら出来なかった。
嫁もかなりストレスが溜まってたみたい。
それが終わってからも、なんか夫婦の会話がかなり減ったんだ。
俺的には倦怠期って奴かな?みたいに捉えてたけど、嫁はそうじゃなかった。ぶっちゃけ、内部崩壊寸前だったみたい。
これが前置き。


84: 81 2014/03/09(日) 11:38:06.81 .net

今から半年らい前、会社内既婚者の中で、配偶者に愛してると言ってみるってのが流行った。(発端はチャネラーの男)
それで仲がいい上司と話してた時も、当然その話題になった。
なんでも上司は、言葉で言うのが恥ずかしいから、手紙を家の机にそっと置いて行ったらしい。
それでも効果てきめんだったとか。
おお!それなら俺も出来る!!と思い立った俺は、休憩時間に手紙を書いてみた。

嫁へ。
いつも仕事の時に、家のことを全力でやっていてくれて助かってます。
家事全般が全く出来ない俺は、嫁に怒られてますね。
でも、口では言えないけど、心の中ではいつも感謝しています。
感謝してもしきれないほど、尊敬をしています。
今度仕事の休みをもらえます。
その時に、前に見たいと言っていた映画を二人で見て、おいしいご飯を食べようか。
僅かばかりだけど、頑張り屋さんの嫁への感謝の気持ちです。
苦労ばかりかけているけど、俺には嫁が必要だし、今の俺があるのは全て嫁のおかげです。
いつもありがとう嫁。心から愛してるよ。

内容はこんな感じ。作りながら一人悶えてた。
これを封筒に入れて、映画のチケットを事前購入し同封。
準備が整い、さっそくその日は仕事を早めに切り上げて嫁に電話した。
俺「早く終わったから帰るね~。あ、ちょっと話があるから~(*´ω`*)」
嫁「・・・そう、ちょうど私も話があるの」
俺「あ、そうなんだ。とにかく帰るね~(*´ω`*)」
こんな感じで切断。
心なしか、嫁の声が暗かったのを覚えている。
しかし当時の俺は「嫁、きっと喜ぶぞ~」と地面から10㎝ほど浮くくらい浮かれながら帰宅した。


85: 81 2014/03/09(日) 11:56:21.94 .net

家に帰ると、いつも居間にいる嫁が、なぜか台所のテーブルに座ってた。
しかし俺はウキウキしながら嫁に声をかける。
俺「ただいま~(*´ω`*)」
嫁「・・・お帰りなさい」
俺(んん?ちょっと暗いぞ?)
そうは思っても、俺はしっかりと計画を実行した。
俺は自分でも分かるくらい気持ち悪いくらい笑いながら嫁に封筒を差し出す。
嫁は怪訝な目で封筒を手に取った。それでも「“後で”読んでみる」って言いながら机に置く。
そこで俺、渡したら自分で書いた手紙を思い出し、無性に恥ずかしくなってきた。
だから逃げるように嫁に軽く言葉を告げ、近くのコンビニまでタバコを買いに行った。
買う時も、なんか一人で色々妄想しながら浮かれまくり。
それで家に帰った。
そしたら、嫁はどっかに出掛けてた。
そう言えば話があるとか言ってたとようやく思い出した俺。
ふと気が付くと、嫁が座っていたテーブルの上に茶封筒があった。
表には、“俺くんへ”と書いてあった。
なんだろうかと中を見たら、手紙が入ってた。
そん時は、「おお!嫁とフーチャリングしてる!!」とか呑気に考えてた。
それで、手紙を読んでみた。内容はこんな感じだった。

俺くんへ。
まず、こういう形でしか伝えられないことを謝ります。
俺くんと出会った時は、毎日が楽しかったです。
結婚してからも、家の中はいつも明るく、私は本当に幸せでした。
でも、ここ数年は会話が減り、重い空気が漂っていました。
それでも俺くんを信じようと思ったけど、俺くんは何も言ってくれません。
会話もなく、ただ時間だけが過ぎていく日々。
私には、それが耐え切れなくなりました。
私達は、一度距離を置いたほうがいいのかもしれません。
だから、私も一人で今後を考えてみます。
もし俺くんに私への愛情がなくなっているなら、そう言って下さい。
その時は、私は何も言わずに離婚に応じます。
嫁より

俺、それ読んだ瞬間(*´ω`*)な顔から、一気に( ゚Д゚)に変わって固まってしまった。


87: 81 2014/03/09(日) 12:11:18.45 .net

それからしばらく呆然と立ってた。
もう一度読み返したけど、やっぱりそれは、嫁からの別居宣言。
俺、また呆然とした。
頭は絶賛混乱中。
でも、思い当たる節はけっこうあった。
確かにあの殺人的スケジュール以降は会話も減ってたし、なんか不機嫌な嫁に積極的に話しかけるのも控えてた。
気を使ったつもりでそっとしてたのが、かえって嫁を追い詰めてたと思い知った。
それからしばらく立ち尽くしてたけど、なぜか急に思い立った。
「俺も出ていこう」と。
自分でも何でそう思ったのか分からんけど、なんか無性に家にいるのが嫌になった。とにかくすぐにでも家を出たかった。
それですぐに会社の上司に連絡。
「なんだ?嫁に逃げられでもしたか?www」と冗談を言って来る上司に「そうっす・・・」と答えると、電話口で上司が慌てまくってた。
とりあえず、3日程休みを貰った。
そっからはよくあんまりよく覚えてない。
駅までフラフラと歩いて、よく分からん駅の切符を買って、電車に乗ってた。
なんかよく頭が働かない中で、ぼけーっと電車に釣り下がった広告見てた。


88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/09(日) 12:20:29.91 .net

そっからいくつか電車を乗り継いだ。
乗り継いだというか、駅に止まって、そのプラットホームに止まってる他所行きの電車を見たら、何も考えずに乗り換えてた。
結局、終電近くまで電車に揺られ、聞いたこともない駅に降り立った俺。
乗り越し料金を精算し、初めての街をフラフラと歩いた。
頭の中では嫁との生活を思い出していて、ニヤニヤしたり泣きそうになったり、自分でも良く分からん状態だった。
その夜は公園のベンチで寝た。


91: 81 2014/03/09(日) 12:35:56.81 .net

翌朝、携帯の着信音で目覚める。
見れば嫁から凄まじいほどの着信があってた。
でも俺、ディスプレイに嫁の名前が映ってるのをぼーっと見て、これまたなぜか携帯を逆パカ。(そん時はガラケーだった)
そのまま近くの空き缶のゴミ箱にポーイした。
またフラフラと歩き始めた。
どこへ行きたいとかは全くなし。ただ目の前にある道を黙々と歩く感じ。
そしたら、そのうち山の袂の結構な田舎に入った。
田んぼ道を歩いていると、足を踏み外してすっ転び、田んぼに落ちる。
田んぼは雨水かなんかが溜まってて、俺泥だらけ。
なんか笑えてきて、そっから一人ヘラヘラ笑ってた。はたから見たら基地外だっただろう。
そんな俺に、「あんた、何してんだ?」と声がかかる。
見れば農作業してた感じの服装の爺ちゃん婆ちゃんが俺を見てた。
すみませんと謝って、再び歩こうと立ち上がると、爺ちゃんから止められる。
なんでも、そんな恰好の人を放っておけないとかなんとか言ってた。
そっから、なぜか老夫婦の家に行く。


93: 81 2014/03/09(日) 12:52:40.08 .net

爺ちゃんの家で、風呂に入るように言われた。
断ると爺ちゃんに「人の好意は何も言わずに受けろ」と怒られる。
すみませんと謝って大人しく風呂に入る。
上がると服と暖かい緑茶が用意されてたから、俺素直に着替えて飲んだ。
そしたら、婆ちゃんが神妙な顔つきで何があったかと聞いてきた。
たぶん、吐き出したかったんだと思う。
初めて会ったはずのその夫婦に、洗いざらい全部話した。
爺ちゃんたちは何も言わずに聞いていた。
話しながら、なんか無性に泣けてきて泣きまくった。
しばらく泣いたら、爺ちゃんが俺に言ってきた。

夫婦と言うものは、時にぶつかるもの。
その時に大切なのは、相手に向き合うことだ。
こう言うのもなんだが、今のアンタは色んなことから逃げている。
それでは本当に言いたいことは伝わらないし、手遅れになった時に後悔しかしない。
私も婆さんとよくケンカをした。
でも、その度にじっくり話して二人で解決してきた。
夫婦は年齢に関係なく、相手とは通じるものがある。
しっかりと相手と話せば、きっと相手にもアンタの気持ちが伝わるし、相手の気持ちも分かるはずだ。
そのお茶を飲んだら、奥さんのところに帰りなさい。
そして、後悔しないようにとことん話し合いなさい。

だいたいこんな感じの内容。
それ聞いて、俺はまた泣いた。
ちなみに、後から知ったけど、その爺さんは元学校の先生だったらしい。


94: 81 2014/03/09(日) 13:03:38.15 .net

外はもうすぐ夜だったので、その老夫婦が家に泊めてくれた。
あったかい飯と布団を用意してくれた。
至れり尽くせりって感じ。
それで翌朝、爺ちゃんに駅まで送ってもらった。
そっから丸一日かけて、自宅に帰った。
自宅に帰ると、なんか嫁が帰ってた。
テーブルに座って一人で泣いてた。
それで玄関を入った俺に気付くと、嫁が更に泣きじゃくって猛烈な勢いで俺に抱き付いてきた。
ひたすら「ごめんなさい」って泣いてた。
嫁が実家に帰って一泊した翌朝、俺からもらった封筒を思い出して開けてみたらしい。
そこでようやく、俺のパルプンテが届いたみたい。


96: 81 2014/03/09(日) 13:11:20.21 .net

聞けば、両親、義両親が総動員で俺を探してて、見つからないから捜索願いって段階だったらしい。
俺は両親に凄まじく怒られた。
義両親にも頭を下げた。
そっから爺ちゃんに言われたとおり、嫁とひたすら話し合った。
そこで、嫁がどれだけ寂しかったかがよく分かった。

翌日、嫁と一緒に老夫婦の家にお礼を言いに行った。
嫁と仲直りしたことを言うと、自分のことみたいに喜んでいた。
そこで、婆ちゃんにこそっとどうしてあそこまでしてくれたのかを聞いてみた。
何でも、昔爺ちゃんが教師だったころ、とある生徒が色んな理由で自害したらしい。
その時に爺ちゃんは激しく後悔して、俺を見かけた時の顔が、その生徒の顔とかなり似ていたとか。
つまり爺ちゃんは俺が自殺すると思い、何とか引き留めようとしたらしい。
何度も爺ちゃん婆ちゃんに頭を下げて、俺達は帰った。


98: 81 2014/03/09(日) 13:20:41.50 .net

まあそれから別居はなくなったし、俺と嫁の夫婦仲はそれまで以上に良くなった。
おかげで半年経った今でも毎日ラブラブ状態。
あれから俺は、極力嫁と色んな話をするようにしている。
嫁もまた、俺に色んな話をしてくる。
あの日ラブレター作戦を決行していなかったら、今頃どうなってたか分からん。
あのおかげで、俺と嫁はやり直せたと言っても過言じゃないだろうし。
とにかく、結果として俺のパルプンテはいい方向に作用してくれたわけだ。

ちなみに、嫁の実家に住む嫁妹が後日こそっと教えてくれた。
朝不機嫌そうな顔をしてた嫁が、俺からの手紙を見た瞬間にボロボロ涙を流して、とても大事そうに手紙を抱きかかえながら「私も愛してます」って泣き叫んでたとか。
それは俺は知らないことになってる。www

これで終わり。
支援ありがとう。


100: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/09(日) 13:46:13.27 .net

よかったなあ。
あれ?俺も目から汁が...


103: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/09(日) 13:54:22.55 .net

もっともっと幸せになれ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2014/06/30 11:19 ] 夫婦 | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。