家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【勉強】 教育ママ(パパ)に育てられた思い出

1: 名無しさん@HOME 2008/05/18 07:11:18

私の母親はテストで100点とって当たり前と言う思考で、
私が100点以外を続けて取ると烈火のように怒り狂って説教された。
中でもトラウマなのは小学校の時の社会の円グラフの問題で
「最も多いのはどれか?」私の答えは「その他」。グラフでは確かに
その他が一番大きいのだから正解ではないか!ってこれを母が学校まで
乗り込んで2時間くらい先生にクレームつけて○にさせて100点に
してもらった事。今でも夢に出てくる事があるほど恥ずかしかった。



スポンサードリンク
23: 名無しさん@HOME 2008/05/18 12:47:28

80~90年代前半の教育産業と癒着したデキの悪い主婦向けの雑誌を
真に受けると>>1の母みたいになるかもしれない。
俺の母親は学校に乗りこみゃしなかったけど国公立崇拝思想があった。


53: 名無しさん@HOME 2008/05/22 11:20:07

>>1みたいな猛烈さはなかったが、自分の母も教育ママっぽかったな。
学研系の問題集とかとってやらされてたっけ。
うるさく勉強しろ、というが、どうにも中途半端で、理解度とかは何にもわかってなかった。
今になって思うのは、両親はともに中卒(現在どっちも還暦過ぎ。
高校に行かなかったのは時代と家庭の事情)だったために、
勉強や受験や大学などの事情などがピンとこなかったんだろーな、てなこと。
学歴コンプレックスはあるんだが、経験したことしかわからない人たちでもある。
それほど悪くはない大学出て事務やってるけど、「事務なんて座ってるだけだから
楽な仕事だ。それにひきかえ私(母)はパートで動き回って(ry」と
私の仕事をけなす。
基本的にスルーしちゃるが、ときどきやってられん。


270: 名無しさん@HOME 2009/09/05 01:53:17

うちも>>1と同じような母親だったから、本当に辛かった。
母親が学校に対してキチガイな要求するから、学校に居場所ないし。
100点取れなかったら失神するまでぶん殴られて・・・そのせいで肋骨にヒビが入ったり、
肩に変な骨が出来たりしてて、今でもトラウマ。
父親は庇ってくれないし・・・。
本当に子供に頭が良くなって欲しいんなら、子ども自身に考えさせる教育をしなきゃダメだと思う。
小学生位だったら教科書丸暗記で済むけど、学年が上になるにつれてそうもいかなくなる。
大学受験は小論文もあるし、本当に自分で考えられる人間でないと無理。
少なくとも私はそう思った。

今社会に出て、自分の頭の悪さに嫌気が差してる。
大人になるまでずーっと母親の命令に従っていただけだから、自分で何も考えられない。
理不尽な事にも疑問を持たないようにしていたから、だまされやすいし。


2: 1 2008/05/18 07:17:52

私の小学校は社会の時間は郷土教育をやっていて、ある学年は
1年を通じて教科書には地元の県や市町村の冊子を使いました。
いわゆるペーパーテストはなくて、たぶん作文やレポートで
評価してたんだと思います。
うちの母ですが、他の学校で教えている事を
教えてくれないのでは差がついてしまう!と学校に乗り込みました。
今回はさすがに学校に勝てませんでした。私は市販の問題集や参考書で
社会の勉強をさせられました。家で母に。


5: 1 2008/05/18 07:32:22

うちはハッキリ言って裕福ではなかったです。
他の家と違ってお前を塾にやる金はないんだよ!と何度も聞かされ
友達は教室に通っているそろばんは家でやらされ試験だけ受けに行かされました。
そんな母ですが、小学校6年で周りがみんな英語塾に通っている事に
相当焦ったようです。なぜか家でアルファベットの筆記体を勉強させられました。
どうにもならないと思ったのか英語塾に通わせてもらったのですが、
塾の豆テストで100点取れなかったときに「いくら月謝払っていると思っているの!」
次の瞬間の平手打ちの痛さは今でも鮮明に覚えています。
たまらずある日に単身赴任中の父の会社に助けてと電話して、父が翌日帰ってきて
母と大喧嘩しました。でも母は変わらなかったように思います。


6: 1 2008/05/18 07:39:00

父は私が覚えている限り、ずっと県外に単身赴任です。
当時は土曜は休みじゃなかったので月に1、2回の日曜日に
会えるだけですが、当時私は父に嫌なところを見せられないと
思っていたのか母の監視を恐れたのか、つらいとか母のやり方に
耐えられないとか話す事はなかったです。英語塾事件まで父は
母の教育のやり方についてそんな事になっていたとは知らなかったようです。


12: 1 2008/05/18 08:52:35

私の高校ではなぜか体育で「ラグビー」がありました。
でもしょせん女子の体育です。ボールだけラグビーボールで
パスは後ろだけ、タックルは抱きつかれたら足を止めるなど、男の人が見たら
ユルユルのルールです。ちなみに私は女です。
泥んこの体操着を見た母に体育でラグビーやったことを話しました。
母が学校に抗議の電話をしました。
「女子にラグビーなんて危険すぎです!」
ここまでは良いと思うんです。次の言葉に私はすごく違和感を感じました。
「右手をケガしたらどうなるんですか!?」


13: 名無しさん@HOME 2008/05/18 09:04:22

ラグビーのパスは必ず横より後ろ
タックルは腰から下でバタつかせない
は、普通のルールです


15: 2008/05/18 09:27:10

>>13
すみません、よく(全く)ルール知らないです。
たしかタックルは上半身だけでした。下半身だと危なくて、抱きつかれても足を止めないと
捻挫するからって理由だった気がします。でも女子なんて本気で
走る人なんかいないので全然激しくなかったと言うのが言いたかったんです。
泥んこと言っても準備体操の時とボールに付いた泥がほとんどですから。


19: 名無しさん@HOME 2008/05/18 10:49:12

付属幼稚園に通っていて、敬語で生活していた。
トイレ行く時も「先生、お手洗いに行ってもよいですか?」
帰る時は「みなさんさようなら。先生さようなら。」と、そんな具合だったなぁ。
ずーっと敬語が抜けないまま…。


20: 名無しさん@HOME 2008/05/18 10:57:37

俺の成績が上がらないと家庭教師をコロコロ変えてた。
今考えるとそんな短期間で成果出るはずない。先生かわいそうだった。


43: 名無しさん@HOME 2008/05/19 03:08:23

ウチの母の本気発言
「部活は不良が入るところ」
「遊びに行こうなんてお前に勉強させないためだ」
「こんな問題まちがえるなんて…誰かに脅されてない?」
「生徒会なんて生徒会長以外は内申書に関係ないんだから」


44: 名無しさん@HOME 2008/05/19 22:44:18

そろばん3級の試験に2ヶ月連続で落ちた時、家の外で一晩過ごせと言われた。
親父が帰ってきた時に中に入れてもらった。小3の時だ。


45: 名無しさん@HOME 2008/05/19 23:11:07

>>44
(((゜д゜;)))


46: 名無しさん@HOME 2008/05/19 23:56:44

夏休みの宿題で課題図書ってあったじゃん。お袋はそれ毎年全部買ってきて
親の前で読まされた。でもお袋は思いっきり寝てんの。


47: 名無しさん@HOME 2008/05/20 08:12:11

私の小学校時代の掟
100点取れたら自分へのご褒美に自分のお小遣いで好きなもの勝手も良い。
貯金箱はもちろん母親が管理。好きな物と言いながら何を買ってくるか
言わないとダメで却下された事も多々あった。コミックなんて絶対認めてもらえない。


48: 名無しさん@HOME 2008/05/20 23:06:26

グラフ用紙に俺のテストの点数を毎回「棒グラフ」で描かせていた俺のママン。
今考えると全く意味不明な行為だったが悪い点は取れない恐怖心だけは植えつけられた。


50: 名無しさん@HOME 2008/05/21 23:44:24

本なら買っても良かったが漫画は厳しく制限された。
いくら本読んだって国語の成績には関係ねーよ。


58: 名無しさん@HOME 2008/05/27 12:10:37

中学生になって突然家に帰っての時間6時間のうち4時間勉強すれといわれた。
それまで8時に寝ていたのが強制的に11時就寝になった。塾にも週3回
強制的に通わされてたので自由時間全くなかった。とくにテレビが見られない
のはつらかった。(当時、インターネット存在しなかった。パソコンは一般家庭
の買うものじゃなかった)

高校生(男)で家の門限が5時だった。1回、1分遅れたらぶん殴られた。
あと、立ち読み厳禁だった。(当時、漫画にビニールかかってなかった)
立ち読みがばれるたびに説教。立ち読みするくらいなら買えと。その割りに
こずかいは600円。この額でどうやって買えと?

あと、親が高校教師だったんだが、説教のたびに(親の)高校では、部活
も5時で全部終わる、5時以降、街で遊んでる香具師もいない、と何度も言われた。
昔から厳しく育てられ、親父の言うことに何一つ疑問を抱かなかったので信じてた。

ところが、1年の社会かなんかの課外授業で高校生に街頭インタビューした
ことがあって、当然5時以降もやったんだが、親父の学校の生徒(なぜか
高校名は質問にあった)が、山ほどいてゲーセンとかレコード屋にたむろ
してて、むしろ親父の高校の生徒がやたら目立った。その時始めて親父が
馬鹿親だったことに気がついた。

もう勉強とか馬鹿らしくなって、ちょうど反抗期だったこともあり、でも親父
が怖くて、授業一切聞かない・家出勉強一切しないという消極的反抗して
受験の時は親父もさすがに諦め、レベルの超低い国立大学に補欠で入った。


59: 名無しさん@HOME 2008/05/27 21:28:41

母親が教育ママだった。
しかも井の中の蛙で、たかだか田舎の教育ママ。

仕事で東京に出てきたが、教育水準の高さにびっくりした。
と、同時に教育ママだった母親が哀れになった。
だって所詮、地方で一番の公立高校を目指せ!だったんだもん。
母親が教育ママだった頃から、教育水準の高い地域は、幼稚園から名の知れた大学目指してたというのにさ。
私に掛けた塾代、もったいなかったよなー。
もちろん私は母親の目指した高校に行ける訳もなかったし、大学なんて夢のまた夢だった。



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2013/03/25 21:13 ] 教育 | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。