家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ふぁみりー】 たまにゃ家族で・・・①

4: 呑んべぇさん 02/03/11 23:39

母親と二人でよく呑みに行くけど、
おとうさんの話題が出ると、二人とも泣き上戸だから
・・・・・・だめだなあ。

「女だてらに酒を呑むなんて」と母親に説教されながら
一緒に呑んでます(w



スポンサードリンク
9: 呑んべぇさん 02/03/13 22:15

家族じゃないけど今日は高校の時の親友と、恩師と一緒に飲みました。
家族で居酒屋に行くのもいいだろうなぁ。
でもうちは家族仲悪いのでとりあえず母と私の二人で行きたい。
ま、母は金ないからって連れてってくれないけどね・・・


10: 某1 02/03/13 22:50

恩師と飲みに行くってのは、ウラヤマスィ。
きっと「オマエはまったく昔から・・・」なんて言われながら
笑いあって飲んだんでしょうなあ。いいなー。


11: 呑んべぇさん 02/03/14 00:36

仕事が忙しくて、午前様で帰ってしまうことは日常茶飯事。
そーすっと、台所で毛布にくるまって寝てる親父をよく見る。
どうやら一人酒をかっ食らってそのまま寝ている模様。

家では殆ど酒を飲まないおれだが、たまにゃ一緒に飲んでやるかな。
そう思った今日この頃。


23: 呑んべぇさん 02/04/04 05:28

二十歳になった時、母と買い物の帰り、駅裏の寂れた焼き鳥屋に入りました。
「二人でこうして飲むなんて初めてね~」
母はほぼ下戸なので、レモンサワー。私はビール。大学進学の為東京で一人暮らしをしていた私には
そのショボイ焼き鳥屋はあまりに小汚く、貧乏臭い店に見えました。
何を話したかはあまり覚えていません。東京の話や、大学の話なんかつれづれに語って、
私は杯を煽り、母はただニコニコしていました。
後日家族団欒の折、何かの拍子で「私達もいい店見つけたよねー。また行こうね」と
母がはしゃいで私に言いました。
私はあんな小汚い店、と内心思いましたが、笑って同意しました。
その半年後に母が骨癌で倒れました。
ずっと前から知らされていたのですが、それまでの母があまりに元気だったので、
「このままずっと母はいる」と無条件に信じていたんでしょうね。衝撃でした。
私は単位的にも卒業は危ぶまれていたので、そのまま休学届を出して、
(妹と交代で)24時間体勢で病院に泊まり込み、母を看病しました。
モルヒネで意識がすっかり飛んでしまった母は、天井に向かって「田中さん、どこ行くの?」
といった幻影を見るようになりました。そのうち、そばについている私のことが
わからずに、「うちの娘ね、いい娘なのよ」と私の自慢をはじめました。
涙が出ました。
父には愛人がおり、妹はプチ家出の繰り返し。食道楽の父のおかげで、外食というと
高級とされている店にしか行かなかった母が、あんな小汚くてマズイ焼き鳥屋に
「また行こうね」と言った意味。
お母さん、今になって思うよ。もう一度行きたいよ、あの焼き鳥屋。
来年母の7回忌です。

長文&駄文スマソ。


38: 酒呑み貧乏学生 02/04/11 04:43

>>23
酒のみに悪い人はいませんねー。

自分は今一人暮らしをしているのですが、
暇を見つけて地元へ帰って両親と一緒に酒を飲みたい気持ちになりました。
自分の場合、両親と飲めるということ だけで、
少なからず幸せなんだなと心に染みました。そういう時を大切にすべきだと、
酔いながらも、涙しながらも、考える機会を与えられてよっかったです。
僕の中では23さんのカキコは無駄にしません。エーン(涙。


48: 呑んべぇさん 02/04/18 20:48

>>23・・・泣いた・・
お母さん、可愛らしくて素敵な女性だったんだろうなあ。

これは全然泣けない話なんだけど&長文失礼。

大学3年の時、大学の教授と揉めた勢いで退学届けを出しちゃった。
学費を出してくれた両親に何も伝えないまま、退学が決まり、
その足で田舎に報告に行った。
親父は、東京から突然家に戻って来た娘に何かを悟ったのか、
まるで昨日も同じ食卓にいたように夕飯を食べた後、黙ってビールを注いでくれた。
「大学辞めて来た。小さいとこやけど、就職先はもう決まっとる。
そこで4年間仕事してから、会社やる。」親父は短気で気の荒いオッサン。
心臓バクバクしながら思いきって言ったとたん、親父が笑い出した。
「ほうか、お前はそんな奴や。好きにやっていったらええ。今日は飲め。」
ホッとするのとビックリとで、ビールと焼酎をしこたま飲んだ。
い~い感じでベロベロになった親父が突然一席ぶちはじめた。
「あんなあ、ホチキスあるやん? あれでな、書類まとめとけ、て言うやろ?
あれ、もうずっとホチキスで書類とめるだけでええわ、と思とる奴と、
もっと上に行こう、なんかやったろう、と思とる奴で、とめ方が違うんやで。
ホチキスで書類とめるだけの事で、そこで、もう差が出るんやで。」
それだけ言うと、お袋に寝床まで引きずられていった。
オチは?とつっこみたかったが、言いたい事はわかった。
間もなく、大学を卒業する事ができなかった娘が就職すると言う。
最初は思ったような仕事もやれないだろう。でもそこで腐るな。
目標があるんなら頑張れ。そう言ってくれたんだと思って泣いた。
それからもう12年もたつ。ホチキスの話は覚えてないだろう。
でも今、親父とお袋が、私の会社のぐーたら社員でいられるのは、
あの時の、酔っ払いのヨタ話のおかげかも。
恥ずかしいから言わないけど。


51: 呑んべぇさん 02/04/20 04:37

>>48
イイ話だよ・・。


530: 呑んべぇさん 2006/01/01(日) 01:57:15

涙が止まらない・・・
これまでの自分を振りかえると恥ずかしくてならない。
自分を変えなくては。


24: ◆999getQo 02/04/04 06:11




 な み だ は こ こ ろ の じ ゅ ん か つ え き


酒と家族の話ならなんでもおっけ~じゃない?酒も人生も悲喜こもごも。


28: 呑んべぇさん 02/04/05 00:05

楽しい時は笑顔を映した酒を呑み、
悲しい時は涙を酒と共に呑む。

そんな話でいいじゃないか。


32: 呑んべぇさん 02/04/05 21:02

未だに親父に酒量で勝てん
この間父親と飲んだが、ペースあわせて飲んだら一時間で一人でバーボン
あけちまった。もちろん次の日二日酔いでグダグダだったがそんなおれに対し
「あれくらいで二日酔いか、酒弱いなー」
一瞬マジで尊敬した。


35: 酒飲みOL 02/04/08 16:28

私が20才になる誕生日の5日前に付き合っていた彼とお別れした。
3日間ほど友達とやけ酒で飲み歩いてた。残念ながら誕生日当日は
彼と一緒に・・・と思って空けていたからもちろん予定はなし。

そしたらどこにも行かない私を見かねた両親が
「ご飯でも食べに行こうか」と誘ってくれた。
最初はワインで乾杯。グラスを空けると
「次はビールでも飲むか?」
と言われ、1杯目を飲み干すと
「次はいいんか?飲むか?」と。(苦笑)
なんだかとっても気を使ってくれて、
それがものすごく暖かくて、とっても嬉しかった。
言葉には出さなかったけど、
本当に「ありがとう」って思った誕生日でした。





40: 呑んべぇさん 02/04/14 02:17

影響されて昨日親父と飲みに行ってきた。
いや、ほんと良かったよ。
いつも家では親父とはほとんど喋る事は無いんだけど、
昨日は酒の力を借りて,言いたい事全部言って来たよ。
自分の夢の事やどれだけ自分が親に感謝してるかとか。
凄く本音を言えた。
親父も色々言ってくれた。
今まで仕事を辞めようと思ったことが何度かあるって言ってた。
もちろん俺はそんなこと全然知らなかったんだけどね。

俺の希望で、親父のいつもいってる店に連れていって貰ったんだけど、
面白かったよ。
客はおっさんばかりだったけど、
ちょっと親父の世界を見れた気がして嬉しかった。

「飲みにいこう」って誘う時はちょっと躊躇したけど。
なんか恥ずかしかったしね。
だけど、ほんといったほうがいいよ。




41: 呑んべぇさん 02/04/14 19:27

浪人二年目が決定した日のこと。
帰ってきた親父に顔が合わせられなかった。
普段から親父には勉強しろ勉強しろと言われていたのに、「大丈夫だ」と言いながら勉強してなかった。
今考えればちっちゃいプライドにこだわり続けていたのかもしれない。
たいした挫折もなく希望どおりの人生を歩んでいた俺は「やれば出来る」と完全に錯覚していたのだろう。
やれば出来ると自分に言い訳をしながらただただ無意味に時間を浪費していた。
その結果が二年目の浪人決定である。
本当に親父にあわせる顔がなかったから部屋でじっとしてた。
そうしたら親父に呼ばれた。
親父はいつものテレビの前の席に座りながら酒の用意をしていた。
自分のグラスにシーバスリーガルを注いで、俺のグラスにも同じものを注ぐ。
それから数分の沈黙。親父が口を開いた。
「これで分かったろ。この現状がお前の実力だ。それが分かったら明日からまたやり直したらいい。
 二年ぐらいたいしたハンデじゃない。とにかく、来年目指して、頑張れ。」
その言葉を聞いた瞬間、全身の力が抜けて、その後自然に涙が流れてきた。
一度泣いちゃったらもう涙が止まらなくて、結局その酒も飲まずにずっと泣いていた。
人生で始めての号泣だった。

それから三年。とりあえず名の知れた大学に行くことが出来た俺は地元を出て東京に出て一人暮らしをしている。
この前出張で東京に出てきた親父と初めて外に飲みにいった。
親父は本当に良く話を聞いてくれた。
あの時は泣くだけしか出来ない子供だったけど、こっちに来ていい教授に出会ってそれなりに自分の分野のことだけなら話せるようになった。
こっちに来て、いろんな人に出会えて、本当に良かったよ。
俺はあの時もう大学行くの止めようと思ってたんだよ。働こうと思ってたんだよ。もう迷惑かけたくなかったから。
でもあの一言で俺はもう一年頑張ろうと思えたんだよ。
あそこで止めてたら、親父とこんな話も出来なかったんだよ。
こっちで出会えたいろんな人のおかげで、今の俺がある。
そのきっかけをくれた親父、本当にありがとう。
卒業までもう少し親父には迷惑かけるけど、それまではお願いします。
就職したらまた飲もうよ。今度は俺のおごりで。
最後に、本当にありがとう。父さん。


42: 名無し酸 02/04/14 20:51

一人暮らしを始めました。

一人でゆっくり飲んでて、家族のありがたみがしみじみと
わかりました。

家から遠く離れてるけど俺は元気です。
これからの3年間学業を忘れず初志貫徹します!



50: 呑んべぇさん 02/04/19 21:43

私の父は肝臓癌で他界したためもう盃を交わすことはできません。
一緒に飲んだことなんてほとんど無かったから
ここ読んでたら無性に泣けた。
もっと父と飲みたかったなぁ、と。



53: 呑んべぇさん 02/04/21 23:48

親父とはあまり飲まないがお袋とは結構飲む。
俺もお袋も弱いから杏露酒か梅酒を少し飲むだけ。

酔ったお袋は新婚当時の話を結構する。
当時よく行った焼き鳥屋の話とか、 5合分の飯を炊いてオニギリワショーイした話とか。
他にも昔飼ってたインコの話とかもする。
そんなお袋はとても嬉しそうだ。

そんなお袋とこないだ飲みながら
「何か面白いことないかねぇ~」
と俺が言ったら
「「お前の顔とか」」
と思いっきりハモって大爆笑しました。

親父もお袋もいつまでも元気でいて欲しい。
まだまだ俺は支えててもらえないと・・・


56: 呑んべぇさん 02/04/23 21:15

なんか、自分の親と酒をかわすっていいね。
俺も一人暮らし初めて、4年。なんか両親に
「ありがとう」って言いたくなってきたよ。

ウチの親は酒のめへんから、一緒に乾杯は
ムリかもしれんけど、今度実家に帰ったら
飯でもおごってやりたいなぁ。
もちろん、俺はベロンベロンになるまで呑むが(w



60: 呑んべぇさん 02/04/26 19:56

家のおかんは飲むとすぐ泣く。そして必ず昔の話になる。
私がちっちゃかった頃の姑とのケンカで実家に帰ったことや
自分の母親(私の祖母)が早くに死んでしまって恋しいみたいな
ことを必ず言っては、泣く。
親孝行してやんなきゃいけないなーといつも思うよ。


69: 呑んべぇさん 02/05/08 00:43

めったに逢わない兄貴が珍しく「飲みにこいよ」と。
なんだよ突然、と思って行ってみたら
「俺、離婚したんだよ」と。

ふだん強がる兄貴がその時は弱かった。
まあ、兄貴の気が紛れるならいつでも付き合うよ。


74: 前スレ969 02/05/12 22:19

GWに帰省したんだけど、その日三時ころ家に着いた。
親父がビール冷やしといてくれて一緒に飲みながら将来の話をした。
就職か進学か、まだ迷ってるんだけど一人で考えてるよりはいろいろまとまったよ。
すねをかじりまくってて迷惑かけてるなぁ、ありがとう。


75: 呑んべぇさん 02/05/12 23:31

俺、海外に住んでるんだけど、今日母の日だったので電話しました。
御袋と一通りの話しをしてたら、(御父さんが横にいるから変わるねと)
御袋に言われて、代わってもらいました。
オヤジの第一声は、どうだ、元気にしてるか?でした
凄く懐かしく泪が出そうになりました・・
色々な話しをしました。最後に、
(オヤジ、俺やっぱ地元に帰るよって)言ったら
オヤジちょっと涙声で、そうか帰ってくるかと言ってくれました。
帰ったら、親父と力一杯飲みたいと思います。
地元帰って就職あるかなぁ~とか悩みもしますが、
やっぱ、地元好きなんで帰ります。


76: 呑んべぇさん 02/05/14 22:41

gwで帰省時、親父とお袋と三人で、居酒屋で呑む。楽しかった。
その日が親父の誕生日であるのと、ちょっと早いが母の日のプレゼント
を兼ねて、二人にカーネーションの苗をプレゼントした。顔をくしゃくしゃ
にして喜んでくれた。

今日お袋がそのお返しにと、自分で、楽器で演奏した童謡が入ったテープを
送って来てくれた(お袋の声も入っていた)。
お袋の愛情を思うと、涙無しには聞けなかった。
 
早く就職を決めて、家族で海外旅行に行きたい。家を建て、立派に家族を支えた
親父と、惜しみない愛を注いでくれ育ててくれたお袋に報いるためにも、
早く一人前になって、安心させてやりたい。がんばれ、俺。負けるんじゃねえぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2013/01/13 22:00 ] ふぁみりー | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。