家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人の温もりや、家族の有難さに救われた話

1: kck 2009/07/06 14:59:35 ID:2ivwknKw

・家族に
・誰かに
温もりをもらった事を書いてくれ



スポンサードリンク
14: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/06 16:12:34 ID:YuIKPB9c

赤ん坊の頃の、母親がつけてたおれの育児日記に
父親も、↓ちょっと書いていた
「いつも誰かがお前のことを気にかけているということを忘れないでください」
親としては「我々が」と書くのは恥ずかしかっただけかもしれないが
つらいことがあると、これを思い出してがんばれる


19: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/07 08:05:24 ID:Zl9QidK9

美味しいご飯


21: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/07 08:59:52 ID:tDbRQCbW

一人暮らしすると親の仕送りやたまに帰ったときに作ってもらえるご飯が光って見える


24: 6 2009/07/07 12:12:55 ID:H6t4h3C3


>>21も言ってるけど、親元を離れて暮らしていると、たまに送られてくる米や缶詰に添えられた
『元気にしてますか?風邪を引かないように気をつけてね』
程度の手紙に温もりを感じたりする

映画やドラマに出てくるような出来事だけが温もりじゃない、温もりなんてのは案外身近な所に転がってるもんだ


27: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/07 16:17:31 ID:e7o81p6a

家族の有難さは病気になったときにわかるよ
居なくなるっていうのが現実味になってきたら
どれだけ大きい存在かわかる
それまで理解できないのが生き物なんだよね
当たり前が無くなるって言うのはすごく辛い



29: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/07 20:45:05 ID:jefFwMeU

普通に自分たちは贅沢しないで
5人も育ててちゃんと全員国立大行かせて教育してくれたことかな。

生活は苦しかっただろうけど
色々なとこへ出掛けたりお弁当食べたり、笑顔が耐えない、
そういう幸せな記憶が自分を明るい性格にしてくれたんだと思う


35: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/09 14:54:39 ID:0y5Faqct

>>29
「ものより思い出」ってホントだよね
上手く作れなくても、母親と一緒に作ったホットケーキとか
連れて行ってもらったおもちゃショー(今は違う名前かな)とか
小さなことだけど結構ちゃんと覚えている

まぁ物も多少はいるけどな


36: kck 2009/07/14 15:29:28 ID:AZ2PrmMT

>>35
その通りだよ。
ものはすぐ消えるけど、
覚えたら中々忘れたりその気持ちを無くしたり出来ない。


30: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/07 22:51:58 ID:vJRBEsIr

学生時代、都会の一流大学に進学しながら
己の能力に限界を感じて挫折して
2回留年して完全に行き詰まって腐ってしまった時代
大学にも行かず、かと言って就職もせずだらだらとアパートで昼間から酒飲んでた時代があった
その頃、久々に帰省して実家でブラブラして
また都会にもどるときに自営業の父親が
「少ないけど持ってけ。大学の勉強に専念できるようにバイトを控えろ」
って持たせてくれたのが500円玉の束(10万ぐらいあった)
親父が「飲みに行ったつもり」「釣り竿買ったつもり」で
コツコツ貯めた500円玉貯金
新幹線の中で涙があふれたさ
厳しく仕事一筋だった父親が不景気で仕事も減ってるときに
自分の小遣いから貯めてくれた500円玉の10万
俺はその翌月に大学辞めてアパート引き払って田舎に帰ったよ
地元の企業に就職して結婚してガキもできて
今はかなり堅実な生活してる
「都落ち」だがこの不景気にも余裕のある暮らしができて今は心の底から幸せだ
あのときの500円玉の10万のおかげだと思う


32: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/08 07:28:48 ID:3QgJvfQ1

>>30
いい話ありがとう。お前さん立派だよ


31: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/07 23:09:40 ID:bWiQHs4r

親の話じゃないけど・・・

色々あって梅田の駅のトイレで声を押し殺して泣いてた。
泣きたくないのにボタボタボタボタ涙が出てきて
ハンカチじゃまにあわず取りあえずこもってたら
明け方だったんだけど少しずつ人が増えてきた。
いつまでもいたら迷惑なので出て洗面所で顔洗ってたら
また涙が出てきた。服がどろどろだったので引っ張って
つまんで洗ってたら涙で前が見えなくなって鼻水ぐしゃぐしゃになった。
そしたら掃除のオバちゃんが来て真新しいタオルで私の
服をふいてくれた。顔がぐしゃぐしゃなのに何も聞かないで
一生懸命拭いてくれた。私は「ありがとうございます」って
繰り返すことしかできなかった。


33: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/08 17:22:52 ID:CZ+i6jOA

家族もそうだけど、
見ず知らずの赤の他人からの親切って
なかなか忘れられないね

>>31もきっとそのうちに、そのおばちゃんから受けた親切を
だれかほかの困った人にしてあげられる機会があるさ


38: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/25 05:15:09 ID:U+EOU/EI

昔、お父さんと自分用にラーメン作った
インスタントに野菜いれただけの簡単なやつ

お父さんは一言も喋らず食べた
自分も話すこともないし喋らなかった

食べ終わったお父さんが一言
「人間は本当に美味いもの食べてるときは無言になる」


ラーメン美味しいって言われたわけじゃないけど嬉しくなった


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2013/06/25 17:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。