家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【初々しかったあの頃】 妻と初めてした会話覚えてるか? 

1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/22 21:36:32

思い出せる奴はここに書いてけ。
あの日に帰った気分になれるかもしれん




スポンサードリンク
14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/23 19:14:14

なんだっけなあ。もう12年も前だからな

でもシャイな俺はろくな事話さなかった気がするな。話題の引き出しも少ないし

だいぶ携帯に助けられた気がする
N502i


15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/24 00:41:20

高校生当時、職員室。
新任で来たばっかりの先生の机に本が置かれていた。
補助教材だったか問題集だったか、とにかく何かの本が1クラス分。
先生、困ってる様子でも無かったけど、次の授業は俺のクラスだったから、
取り敢えず声をかけた。先生の「受け」良くしておいて損はないしね。
オレ「先生、それ授業で使うヤツですか?俺運びましょうか?」
先生「うわーほんと?たすかるー、ありがとう」

身長なんか俺の胸くらいでちっちゃくて、若かったから当然だけど威厳も
貫禄もなくて、ナチュラルに嬉しそうに笑ったのが先生のくせに可愛くて、
あれはたまらんかった。
それまで挨拶や自己紹介くらいはしてたけど、その時が初めての会話。


19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/25 06:30:51

>>15
高校教師物プリーズ!


20: 15 2012/09/26 01:17:58

>>19
正直、憧れたけどね、可愛い先生と放課後のナントカ準備室でうひょーとかさ。
でも無理でしょ、そもそも俺を気に入ってくれるとかくれないとかそれ以前に、
立場とか年齢差とか未成年だとかね。どうやってもお断りでしょ、普通。

だから、せめて先生の授業では良い成績をキープして印象を良くしようと、
「良い生徒」であろうと、そればっかり心がけた。あとは困ってそうな時に手伝ったり。
でも表面上は平静装いつつ、それでいて同じクラスの女の子達がする先生の話に
内心一喜一憂したりもしててな。
カレシはいないみたいだとか、そんな話聞いただけで嬉しかったっけね。

告白できたのは卒業式の日。俺は県外の大学に通うのが決まってたから、
このタイミングならきっぱり振られてももう顔も合わせないしってことで、
お世話になったお礼に添えて、なるべくあっさりと軽く言った。つもり。
オレ「大学の方が落ち着いたらナンパしに来ますんで、よろしくお願いします」
先生「いーよ、どっからでもかかって来なさいな」

またナチュラルに笑ったのが可愛かったから、内心ではテンパりつつ、
まあ少なくとも全然ナシではなさそうかなとホッとしてたら、先生は言いました。
俺がずっと前から好きだったの、うすうす感づいてたって。
たぶんいろいろ考えて、態度に出さないようにしてるんだろうなって思って、
わざと俺の思惑に乗って気付いてないフリしてたんだってさ。
先生、「自覚ないだろうけど、すぐ顔にでるよ」ってまた笑ったよ。
それから付き合う様になった。

だから誰もいない教室にふたりっきりでうひょーとかは無いんだ。ゴメンね。


28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/28 17:19:38

自営で事務募集してて来たのが嫁。

名前と住所、家族構成、通勤の手段と距離(時間)、事務経歴とPC使えるかを聞いた。


39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/05 23:54:21

俺がパネルディスカッションの司会者やってたんだよ。
「他にパネリストにご質問のある方は…?あ!ではそちらの女性の方どうぞ。マイクマイク、早く」

今の妻「(マイクに向かって)あ、あ…(スイッチ確認して)あ、あ…今日は貴重なお話ありがとうございました。一点だけ、資料12ページの○○について△△さんにお尋ねしますが…」

会話じゃねーし。


45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/08 09:38:05

小学5年生、クラス替え当日朝教室にて
「ウス、俺です。よろしく」
「あー3組さんだった人だよね?嫁ですよろしくねーふふふ(ニコニコ)」
 
普通に自己紹介だった。


52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/09 17:56:55

同じクラスだった俺と嫁さん。
俺がたまたまいなかった時に配られたプリントを嫁がとっておいてくれて、
嫁「プリント配られてたよー」
俺「・・・あぁ、いいのに」
後から聞いたが、この俺の対応に「うっわ、感じ悪い!」と思ったらしい。
入学式でも隣の席だった嫁を一目見て、うおお超美人!でも俺なんか相手にしてくれないだろうなって、
憧れてたおまえにいきなり声をかけられたからビビっただけだ!


65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/11 01:29:10

嫁は某湖(池)の貸ボート屋兼釣り具屋の娘。
俺が常連客。

嫁「いらっしゃいませー」
俺「こんにちは。あれ? ご主人は?」
嫁「あ、ちょっと出てます。わたし留守番です」
俺「ああ、なるほど。娘さん?」
嫁「そうです。ヘラ(ブナ)ですか?」
俺「そ。餌ください」
嫁「ありがとうございます。コイが寄ってるんで釣りにくいみたいです」
俺「まあコイでも釣れれば・・・適当なんで」
嫁「そうそう、ウナギが出るって父がいってました。パック入りミミズくんはいりません?」

本当はミミズはいらんのだが断れずに、予備竿にミミズつけて置き竿にしておく。
ヘラブナはまあまあ釣れる。
ボート案内の生き返りに嫁が「どうですか?」と声をかけていく。

やがてミミズの方の竿がグイッと引き込まれた。
嫁「あ、釣れてる! 大きいですか?」
俺「うん、けっこう引くよ」
嫁「網持っていきますねー」

駆け寄る嫁。
嫁「ウナギですか?」
俺「いやー・・・・ブラックバスw」
嫁「ダメじゃんw」

こんな感じだった。
最初から話しやすいし好印象。


69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/11 07:51:13

> 駆け寄る嫁。
> 嫁「ウナギですか?」
> 俺「いやー・・・・ブラックバスw」
> 嫁「ダメじゃんw」

釣れたのはコイですた。


70: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/11 10:31:22

>>69
誰が上手い事を言えとw


81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/11 22:11:23

>>79
> 嫁「ありがとうございます。コイが寄ってるんで釣りにくいみたいです」
> 俺「まあコイでも釣れれば・・・適当なんで」
>>69を見て↑を読み返すと,ジワジワくるww

まさに湖のヌシを釣り上げたな。


75: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/11 21:24:00

>>74
そのあと店員とどうやって結婚する事になったのか詳しく是非


79: 65 2012/10/11 21:54:27

期待されてもあまりドラマがない・・。

俺はその湖の近所に住む新米会社員で
嫁は当時地元の大学に通う学生で、たまに店番してた。

俺は普段は海や渓流での釣りが好きで、金がない時は
嫁の貸ボート屋の桟橋周りでフナやコイを釣ってた。
良く釣れるし足場もいいし、「でかい」と叫べば店主(嫁父)や嫁が
網持って駆けつけてくれるサービス付きで便利w

やっぱり初対面の印象が良くて嫁を意識してフナ釣りの回数は増えたが
下心を悟られまいと我慢して行かなかったりもした。
店では嫁は一応仕事中なのでじっくり話すことなどあまりなく
店主と雑談してる時に嫁がいれば一緒に話す程度で1年くらい過ぎた。
まあ1年も通えば何度も会うからさすがに気安くはなった。

ある時、店がひまそうにしてるのでわざとらしく
「今日は釣れないなあ(棒読み)・・・そうだ、新しいポイント開拓するからボート貸して。
で、一緒に乗らない?」と誘って、それでボートであれこれ話して
「映画でも」とデートに誘ってOKもらって、あとはまあトントン拍子で。


83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/13 16:54:17

高校一年の夏、東京タワーに向かっている途中に

嫁「スミマセン、チョットイイ?デンシャ、ドレノル?Tokyo Towerイキタイ。オシエテクダサイ」
俺「ちょうど行くところなんで一緒に行きます?」
嫁「・・?」
俺「あ~…トゥギャザー!ゴー!レッツとうきょうたわー!」
彼女、しばらく悩む
嫁「……Oh!Thank you!」

今は日本語ペラペラの嫁
つたない日本語を話す姿もかわいかったけどなー


85: 83 2012/10/13 18:37:54

続き

俺、その日誕生日だったわけよ
一か月前に両親亡くして、一人で家族で行く予定だった東京タワーに向かう途中だったんだ
電車の中で嫁が家族の話してくれてさ、俺はなんでか知らんけど嫁に家族が死んだこと話しちゃったのよ
誕生日だってことも
そしたら東京タワーに着いた後「ちょっと待ってて」って言われて1時間ぐらい待たされてさ
戻って来たと思ったら紙皿とケーキ持ってきて「Happy Birthday」って
俺はその時会ったばかりの人だったのに「この人と結婚するんだ」って思った
でも後で聞いたら嫁もだったらしい
連絡先もらって6年の遠距離恋愛(その年俺が嫁の国行ったら次の年は嫁が来るみたいな)
を経た後嫁が日本に来て結婚しましたとさ
ちなみに嫁はその時日本に観光旅行しに来てて
親に「一緒に行けないから東京タワーに着いたら連絡して」って言われていたらしい


87: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/13 19:31:52

>>85
うわーー、素敵な嫁さんだ。。


115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/22 00:52:03

「お前ちっせーなーw」

小学三年生。初めての転校で不安だったのに
引っ越したその日に挨拶をしに行ったらこれだよ。
あの時は身長が低いことを気にしていたのにね
今は嫁より30cmも高いけどな!


127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/24 19:33:35

嫁が高2の時に教科担任がいないから仕方なく自分に質問してきたのが初めての会話かなぁ。
テスト前日にこんなこと聞いてて大丈夫かと思ったような。
正直、女子高生とか得体の知れない生き物に好かれるとは思わなかったし、興味もなかったけど。
なんかえらく昔に感じる。


128: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/25 13:30:40

>>127
その時の会話の内容を書いてくれんとw


130: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/26 00:30:16

>>128
>>129
その時は嫁に興味なかったし詳しくは覚えてないんだけど、たしか
「これってなんて読むんですか…」
「シータ」
とかそういうレベルの質問だった。
会話っていうほどのもんでもないな。
それから頻繁に質問しに来るようになって
「先生はよくできる子に教える方がいいですよね…」
みたいなことを言われて、やる気がある子ならどんな子でもとか答えたのが一番古くて記憶に残ってる会話かも。


137: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/26 23:09:17

得体の知れない生き物に好かれた127に嫉妬


152: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/29 11:18:05

俺「あの…ティッシュいります?」
妻「あ…ありがとうございます、助かります」

電車で隣に座っていた人が突然鼻から赤い液体を出してくれたおかげで
俺は結婚することが出来た


159: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/02 20:06:06

見合いを終えて じゃあ後は若いもんだけで って二人車に乗る

俺「いやー どこ行く? まかせるよ」
嫁「えー ディズニーランド? 今からじゃあちょっと遅いか」
俺「とりあえず大洗あたりでメシ食おうか」
嫁「じゃあ知ってるとこあるからいこ」

こんなんで結婚まで行ってしまって子供3人だぜ でももう心から愛している生涯の伴侶だ


162: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/03 19:46:01

俺「ブーイングできる余裕あんなら声援ー!」
嫁「そーだそーだ!」

あのときは同意してくれたのに、なぜ今は俺に対してブーイングばかりなんだい…


163: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/03 20:27:59

>>162

おう、ちょっと詳しく話を聞かせてもらおうか


164: 162 2012/11/03 22:28:14

俺も嫁も某サッカーチームのサポーター。当時とにかくブーイングしたがる連中が多くて、一番大きな声が出るのがブーイングって有り様でね。
そんなん応援じゃねえだろって腹立ってブーイングが収まった瞬間つい叫んだんだけど、まさか返事が返ってくるとは思わんかったw

結局負けて、やけ酒飲みたかったから思い切って誘ったんだ。それが馴れ初め。


172: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/09 23:22:47

嫁「あの…大丈夫ですか?」
俺「……うえっ…オエエエェェェ…」

習い事の帰り道に急に気分悪くなって道端でげろった
誰も通らないと思ってたら嫁が来ちゃったわけだ
嫁の家が近かったらしくそのまま嫁の父親まで出てきて介抱されて…
出会いは最悪だわなw


176: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/10 00:47:54

人生何があるかわからんよな


185: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/29 15:31:52

「あんまり泣いてると天国のお母さん心配しちゃうよ」

墓の前でめそめそしてた時に声かけてきたのが当時中学生の嫁。その時俺は小学三年生。
自他ともに認めるマザコンだった俺は、母さん死んだのが信じられなくて
毎週墓場に行っては墓の前で泣いてたんだよね
お盆の時期とかは嫁家族とは会釈する程度で話したことは無かった
たまたま嫁が一人で後から墓参りに来たらしいんだけど
気付かない俺は墓の前でメソメソしてたんだよ
嫁が優しい声で「ほら、泣かない」と頭を撫でてくれてさ。母親の温もりを思い出しちゃったもんで
ダムが決壊したように涙が止まらなくなって嫁の胸に顔を押しつけて号泣したのは苦い思い出
今考えるとセクハラだよなw


186: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/29 15:42:48

>>185
もっとくわしく書いて下さいおねがいします


187: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/29 16:15:15

その話聞きたいな


188: 185 2012/11/29 22:45:14

詳しくと言われてもなー…そんなに面白い話は無いよ。
泣き終わった後嫁がジュース買ってきてくれてその日は少し話して終わり。
それから墓場で会うと少しずつ話すようになった。
高校生の時に勇気だしてアドレスを聞いてやっと交換。でも俺携帯持ってないってことで文通開始
多分中学生ぐらいの時から嫁の事は気になってたんだと思うけど、手紙とか書いていて本当に好きなんだって気付いたわけ
で、俺が大学生の時に嫁の父親が亡くなった。今度は嫁が墓の前で涙ぐんでて
昔嫁がしてくれたことを同じように俺が嫁にしたわけさ。
あの時は小さかった俺もだいぶ大きくなってて、嫁より身長高かったから
小学生の時の俺と逆転で、俺の胸で嫁が泣くわけ。
で、ズルいけどその時に告白。まぁ当然「考えさせて」って言われた。その後1年待つことに。
「待たせてごめんね。年は離れてるけど私も○○の事が好き。これからよろしくね」
って電話が来て無事付き合うことになった、俺歓喜。
それから普通に付き合って俺が就職したのと同じぐらいに嫁にプロポーズ。嫁快諾
結婚して双子の子供にも恵まれて幸せだわ


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2013/07/05 21:37 ] 夫婦 | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。