家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

親にされて嬉しかったことを語る①

1: 名無しの心子知らず 2012/06/02 00:00:16 ID:lHXZMqUl

自分の親にされて嬉しかったことを書いて下さい。
子どもへの対応の参考にしましょう!




スポンサードリンク
3: 名無しの心子知らず 2012/06/02 04:31:51 ID:KZtSZHpm

マイ嬉しかったこと
完母で育てられたけど、飲料としてガブガブ飲んでたのはいつまでかは覚えてないけど、
ごくたまーに甘えとして幼稚園くらいまでおっぱいを欲しがっていた。
母と2人だけの時に「おっぱいちょうだい」と甘えて言うと、
「おっぱい出ないよー」と言われながらも与えてくれた。
おっぱいの出る出ないはどうでもよくて(出なくてもいいと実際母に言っていた)、
「今はお母さん独り占め!」「お母さんに断られなかった!うれしい」という気持ちで
おっぱいをくれたこと=自分を受け入れてくれたこととして
すごく嬉しかったことを記憶している。

だから自分の子の卒乳も全く焦っていない。欲しがる限りあげたい。


4: 名無しの心子知らず 2012/06/02 05:48:33 ID:VfEo/6tp

小学校入学直後のある日、なんか具合が悪く、そう訴えた。
相手は両親じゃなく、私に甘かった父方の祖母。
しかし「何?しんどいん?(額に手を当てて)熱ないやん」で面倒くさそうに放置。
学校に行きたくなくて仮病を使ったと思われたらしい。
どうしても辛くて、母(厳しくてあまり甘えられなかった)に訴えた。
同じように額に手を当てたが、「熱はないね。良かった」と言ってから、優しく「どこが痛い?お医者さんに行く?」と訊いてくれ、珍しく抱っこで病院に連れて行ってくれた。
細い小さな身体で、小柄とはいえ6歳児を抱っこ。楽ではなかったと思う。
それが数年に及ぶ闘病生活の始まりだったけれど、あの優しさがあったから、お母さんの言うことを聞いて元気になると決めた。

私が母になり1か月。
この子を信用し、この子が辛いときに優しい母になろうと思う。


5: 名無しの心子知らず 2012/06/02 08:57:11 ID:5YzVAHMb

プチだけど。
小さい頃、母がフェルトで動物マスコットを作ってくれた。
うさぎやクマなど。
それがすごく好きだったので、今もフェルトで小物を作るのが好き。
娘にも小さい物を作ってあげようと思っている。


17: 名無しの心子知らず 2012/06/02 23:28:25 ID:lHXZMqUl

私は小学校低学年ぐらいまで精神的に凄く不安定な子供だったんだと思う。
安心するんで母の胸をさわったり、度々夜は母の布団に潜り込みに行ってた。
嬉しかった事はそれらが一度も拒否されなかった事。
気持ち悪かっただろうし、うざったい時もあっただろうにと思うと本当に当時の母には頭が上がらない。
それから少しずつ自立していって、無事に親離れができたのはあのおかげだったんだろうなー、と思ってる。


39: 名無しの心子知らず 2012/06/05 16:34:11 ID:lYzPIBV/

厳しくて働き者の母親だったけれど
どんなに体調悪かったり仕事が忙しくてもお弁当だけは必ず手作りだった
以前はケチってるだけだと思ってたけど
自分が結婚してみてそれがいかに大変な事で、大切な事だか解ったな


6: 名無しの心子知らず 2012/06/02 12:13:34 ID:ld7wJd5k

私が17歳の時。3月3日雛祭りに、今日は女の子の日だよおめでと!ってご馳走を色々作ってくれた。母子家庭だったから働き詰めのお母さん。しんどいはずなのに。すごく嬉しかったの覚えてる。


9: 名無しの心子知らず 2012/06/02 22:10:51 ID:q0EVwD2P

小さい時に嬉しかった事プチ

寝る時に襟元をポンポンしてもらう事
背中を大きくさすってもらう事


10: 名無しの心子知らず 2012/06/02 22:31:21 ID:aDFBD6a+

小学生くらいまで、母が寝るとき手をつないでいてくれたことかな。
背中トントンはちょうど寝そうな時に止められるから、あとちょっとなのにーと思っていた。


12: 名無しの心子知らず 2012/06/02 22:39:35 ID:4xP3ASuI

小学校2、3年の頃、母が私の容姿をバカにするようなことを言った。
母は冗談のつもりだったのだけど、私はすごく悲しくて
思わず泣くと、母と妹が泣いている私の真似をし笑った。
本当に悔しかったけど、どうする事もできなくて泣いていると
隣でずっと黙っていた父が、
「冗談でもやっていいことと悪い事がある!」と母を叱った。
母は父に叱られて、初めて自分のした事が悪い事だと自覚した
みたいで、それ以降、私をそういう風にからかうことはなくなった。
父は子育てには口を出さない人だったし、父と母の関係は良かったので、
私は母と父は常に同じ意見だと思ってた。
だから父が母ではなく私に味方してくれたことが本当に嬉しかった。


15: 名無しの心子知らず 2012/06/02 23:11:01 ID:zv0lm77m

私が 小学生の時
おねしょして モジモジしてたら、隣に寝てる母が
おねしょをした 私の布団と母の布団を取り替えてくれた。
夜中に母が、私のおねしょで濡れた布団に、バスタオル引いて 寝てた(ノ△T)

申し訳ないのと、嬉しかったのが、忘れられない


16: 名無しの心子知らず 2012/06/02 23:25:10 ID:iW8gtPyF

真冬の寒い日、氷みたいに冷たい私の足を一緒に寝てた母が自分の足に挟んで寝てくれた。
あったかかったなぁ


20: 名無しの心子知らず 2012/06/03 00:39:02 ID:BpVTNmiR

幼稚園年長の時、母の日の贈り物として園でお母さんの似顔絵を描いた。
あまりお絵描きをしたことがなく、人の顔を描くのは初めてだったので
うまく描けた自信がなかった。
それでも母に渡すと、にっこり笑って母の顔の横に掲げて
「こんなにそっくり」と言ってくれて嬉しかった。


21: 名無しの心子知らず 2012/06/03 08:35:30 ID:vOKsyFe+

お弁当が本当に美味しかった。
茶色弁当の子も多かった時代なのに、赤緑黄の三色が必ず揃ってた。
卵焼きも、甘い卵焼きだったり、だし巻きだったり、カニかま入りだったり、
バラエティ豊かだった。
ジャガイモと人参の金平や山芋に煮っ転がしは今でも大好物。
二口コンロで調理台もない台所だったのに、よくあれだけ作れたものだと感心する。


22: 名無しの心子知らず 2012/06/03 13:15:15 ID:3cx4GHoE

不二家のパーラーに母と一緒に行ったこと。
母は土日も休めないフルタイムの兼業で保育園に学童に塾三昧にと接触の少ない私は気難しい子供で、
たまに親子の時間が取れてもぎこちない関係だった。
パーラーではイチゴやバナナやチョコがトッピングされたワッフルを食べて
ナイフとフォークで食べるデザートが嬉しくておいしくてお喋りをいっぱいしてずっと笑い通しだった。
母もその時のことを良く覚えてて、たまにふたりで思い出してはいまだに話せること。
共有できる良い思い出があるのは本当にいいね。


23: 名無しの心子知らず 2012/06/04 07:21:49 ID:Yp6eXwcE

無口な父だったけど、毎晩「今日は、何か変わったことあったか」と私に聞いた。
子供の頃は、遊んだ内容を得意になって話した。
思春期のころは話すのが面倒だったりもしたけど、こんな授業あったとか、部活のこととか何かは必ず話した。嬉しそうに聞いてくれた。
父は私のことを気にかけてくれているという自信、安心感と、静かな嬉しさが心に根付いてた。


29: 名無しの心子知らず 2012/06/05 06:44:27 ID:abQryYEX

誕生日やクリスマスプレゼントには、品物に本を一冊つけてくれた。
裕福な家ではなかったから、おもちゃも嬉しかったけど
本が好きになったお陰で、国語には全く苦労しないで済んだ。
子どもの本も結構高いと、大人になって感謝。


30: 名無しの心子知らず 2012/06/05 08:35:13 ID:QGGClINE

やっぱり、風邪をひいて学校を休んだ時の手厚い看病かなぁ
プリンとかゼリーとか喉をスルッと入る冷たいものが冷蔵庫に沢山入っていて
母と一緒に教育テレビを見ながら食べた記憶が。

そして食べ終わり寝ていると聞こえてくる、洋楽と母の活動する音に安心しながらまどろんだよ


私も子供には同じようにしている。
だから子供達は体温計を測る時点からものすごくWKTKしてるわw


31: 名無しの心子知らず 2012/06/05 08:46:55 ID:nYQF2Ygr

子供の頃よく中耳炎になってた私。
夜中に炎症起こして熱が出て痛くて泣きわめき、眠れなかった私の耳をずっと添い寝しながら冷やしてくれたのが嬉しかった。
母も疲れて眠かったろうに寝ずにずっとお腹トントンしてくれてたなぁ…
風邪ひいた時に作ってくれたお粥やすりりんごもすごく美味しかった。
そんな母は去年、私が下の子妊娠中にガンが発覚、それから3ヶ月で他界してしまった。
皆さんオトンオカンを大切にして下さい。


35: 名無しの心子知らず 2012/06/05 11:08:55 ID:ul+d3dpc

自営業の共働きで昔は繁盛していたので忙しく、0歳から保育園→小学校はずっと鍵っ子だった。
毎週水曜日の両親の休みが楽しみすぎて、毎週学校から全力疾走で帰ってた。
カーペンターズを聞きながら、私の帰宅にあわせてケーキを焼いて待ってくれている母が大好きだった。

大人になった今でも、日曜日より水曜日が何故か特別で一番好きな日。


36: 名無しの心子知らず 2012/06/05 14:17:40 ID:QxBj0TVa

>>35
いいね~。いい!
なんか涙出た。
私も娘の心に暖かいもの残せたらいいなー。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2013/08/07 17:24 ] 育児 | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。