家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【大震災】 家族がとった行動

36: 名無しさん@HOME 2012/02/19 23:12:13

義両親と夫と息子で暮らしていたアパートが、跡形も無くなった。
下手に半壊とかじゃない無い分、諦めも切り替えも早くて
義父の実家(他県)に身を寄せた。
義父の勤めていた会社も、夫の勤めていた会社も営業再開の目途が立たなくて
しばらくは商売をやっている義父の実家で働くことになり、生活には困らなかった
義父の実家は義父の両親が二人暮らしで、庭にある別棟を一件丸々貸してくれた。
それだけでも恵まれていたと思うし、家族全員無事だったのは奇跡だと思った。

数日前、大きな荷物が届いた。
義母が「あなたのよ。開けてみなさい」と笑って言って、開けてみたら8段飾りのお雛様だった。
「あなたのお祖母様が、買って下さった物には負けるけど」って、お座敷に飾ってくれた。
私のお雛様は、母方の祖母が私が産まれた時に買ってくれた、やっぱり8段飾りの物だった。
大きな物だし、結婚した時に実家に置いてこようと思ったんだけど
義両親が「うちは息子しかいなかったから、新居で飾ってくれたら嬉しい。お祖母様の思いのこもった物だから」
って、勧めてくれた。祖母は結婚の2カ月前に他界していたから、それもあったと思う。
毎年義母と二人で、楽しく飾っていたが、津波で流されてしまっていた。

今年は雛人形がないんだな、とチラリと思った事はあるが
祖母には悪いが、正直それどころではなくて、あまり気にしていなかった。
でも夫と義両親が話し合って、出来るだけ似た物を探して贈ってくれた。



スポンサードリンク
7: 名無しさん@HOME 2012/02/01 01:12:07

地震で私の夫婦茶碗が割れた
「俺のじゃなくて良かった」という一言で、夫婦仲に亀裂が入った
旦那は茶碗が変わるとご飯を食べづらい人だから
離婚するほどじゃないけど、微妙な気分


9: 名無しさん@HOME 2012/02/01 09:30:39

被災県だけど内陸部なので大した被害はなかった。
贅沢な事だけど旦那も家族もご飯派だけど私は朝はパンじゃないとダメ。
震災後、暫くパンが手に入らなかった。
地味に辛かった。
やっと手に入った食パンで朝食にピザトーストを家族分4枚用意。
2枚焼いて子供達呼びにいって戻ったら旦那が2枚完食してた!!!
旦那用にご飯とそれに合うオカズも用意してたのに!!!

ぶち切れたよ私。
周囲も子供らも呆れるラブラブ夫婦(←死語)だったけど
本気で離婚しようと思ったw
ピザトースト事件以来、旦那は何でもどのくらい食べていいか
私にお伺いをたてるようになったんで離婚はやめた。


39: 名無しさん@HOME 2012/02/20 03:43:45

なんとも素晴らしいお義母さまですね!
>>36さんの品の良さも伝わる文章で、感動しました。

うちは旦那が実家にいる時に被災しました。
旦那の父母は「まさかここまで津波は来ないから」と言って逃げなかったので、旦那は手を焼いたそうです。
結局自宅で水に囲まれて、旦那に義父母が泣いて謝ったそうです。

頑固な義父が謝ったときはさすがに死を覚悟したそうです。
結局生きててよかったんですが…
歳をとって、自分が1番正しい!と思い込むのは怖いことですね。


37: 36 2012/02/19 23:27:05

津波が来た時、私と息子と義母は自宅アパートにいた。
3階建てにアパートで、自室は3階だったので
産まれて間もない息子を連れて、避難するか自宅に留まるか迷った
新しい堤防を信じてもいた。
でも義母が「上着だけ持って!私が貴方と孫を守るから出来るだけ高台に逃げよう!」と決意。
幸い非常持ち出し袋は、玄関に常備していたので、地震発生から5分経たずに逃げられた。
夜に避難所で義父と夫と再会したときは、声を殺して喜び合った。
周囲には家族の安否が不明な人や、家族が亡くなった人もいたから、あからさまに喜べなかった。
前もって落ち合う避難場所を決めていた事や、持ち出し袋を準備していた事で本当に助かった。
特に新生児の息子のオムツやミルクや、飲料水は無かったらどうなっていたか分からない。
全て義両親のおかげだ。
逃げるとき、私の手を引いて走りながら「あなたと孫だけは生きなさい」と繰り返した義母。

住んでいたアパートは一階部分の骨組みを残して、壁も何も無くなっていた。
あのまま留まっていたら、確実に死んでいた。


40: 名無しさん@HOME 2012/02/20 20:50:11

人間性が出るよね~
こんな義母さんとなら、同居もうまくいくんだろうな


42: 名無しさん@HOME 2012/02/21 20:14:25

うん。
読んでいてお互いを善意で見ているのが伝わる。
お互いの善意を疑わないって言うか・・・・
私もこんな人間だったら、いろいろ上手く行ったんだろうな
うちは義実家とは絶縁状態だ。
6年くらい会ってないし、4年以上電話もしてない
子供も見せてないや。


43: 名無しさん@HOME 2012/02/22 00:23:49

震災の時、うちは、私の実家とは連絡とったりして
心配しあったけど、義実家とは何もなしだった

絶縁まではいってないけど、色々あって縁が薄い感じ
一応落ち着いた頃に安否確認だけはしたけど
心配症とか神経質とか馬鹿にされて、連絡しなきゃよかったと悲しかった


56: 名無しさん@HOME 2012/03/13 10:52:33

阪神のときは家がつぶれかけたとき
家具が柱の代わりになって隙間を作ってくれたとか
そんな話を聞いたことがあるので
背の高い家具を、突っ張り棒とか転倒防止対策しておくのはありかも…と思う
知り合いはおこたで寝てて助かったなあ


80: 名無しさん@HOME 2012/07/21 19:16:29

震災の時、私達は仙台の海沿いに住んでいた。
たまたま飼い猫が具合悪くて、高台の動物病院に行っていた。
病院も大きく揺れて、一瞬停電になったけどすぐに非常電源に切り替わった。
一回目の揺れから20分後に、東京に住む義妹から電話が来て
事情を話した。その時には携帯が繋がったり繋がらなかったりだったんで
うちの実家にも事情を話して貰うように頼んだ。
その電話で津波の事を知った。

数日後、避難所に義妹と義父が来てくれた。
避難所に猫は連れていけないので、夫と私は避難所の駐車場で車内泊をしていた。
道路がまだ復旧しておらず二人はかなり遠回りして来てくれていた。
持ってきてくれた電池やカイロや懐中電灯や水を避難所の人に渡して
私達の車はもうガソリンが無くなっていたので、駐車場に置いたまま義実家の車で東京に行った。
東京に着くまで寝てしまっていたんだけど、都内に入って目が覚めたら街は灯りがキラキラして
車も人も普通にいて、色んなお店が開いていてビックリした。
数日前までは仙台でも当たり前だったんだけど、停電とお店が閉まっていることに慣れてしまっていたから。
義実家に着くと、温かいお風呂を勧められた。
そこでまた、お湯の量にビックリした。
たった数日なのに「普通」の基準が変わってしまっていたみたい。
後で分かったけど、震災時妊娠一ヶ月だった。
妊娠初期に雪の降る中で車内泊とか、危ない事してたのに、子供は無事に産まれた。
猫も元気でした。
住んでいたアパートは、土台も無くなってた。


81: 名無しさん@HOME 2012/07/23 00:34:08

>>80
助かってよかったね


85: 名無しさん@HOME 2012/08/09 06:32:16

帝王切開した次の日に震災があった。
交通事故に遭って、予定日より2カ月早い出産だった。
私も子供も動けなくて怖かった。
私は出血多量で点滴と心電図計に繋がれてたし
子供は未熟児で保育器に入っていた。
付き添ってくれてた夫の姉に「お義姉さんだけでも逃げて!」って言ったけど
私の手を握って「自分の妹と姪を置いて逃げる姉なんていない」と怒られた。
毒母も毒実姉もお見舞いに来なかったし、震災後も連絡が無かった。
夕方、病院にリュックを背負った義父と義母が来てくれて
水とか食べ物とか、懐中電池とか置いていってくれた。
次の日、千葉に住む義兄がトラックで大量の水やオムツや電池やカイロを病院に届けてくれた。
一週間後にも、救援物資を持ってきてくれた。
「妹と姪を宜しくお願いします」って何度も頭を下げて帰ったらしい。
病院の人は、私の実家族だと思っていたらしく、嫁だと知って驚いていた。
夫は事故で別の病院に入院中で、会えなかったし心配で心細くて怖くて
私も夫と一緒に事故に遭って、腕を骨折してたし、子供は早産だったし
原発は爆発するし、住んでいたアパートは全壊したと聞くしで頭がおかしくなりそうだった。
退院後は千葉の義兄の家にお世話になってたけど、そこも余震が酷かった。
でも義両親や義兄姉が細やかに気を使ってくれて、本当に有り難かった。

不幸中の幸いって言うか、もし事故に遭わなければアパートで死んでいたと思う。
すぐ側が海で、近くに高い建物も高台も無いから逃げ遅れていたと思う。
私が運ばれた病院も、夫が運ばれた病院も海から離れた高い場所にあった。
夫の会社はアパートのすぐ側の水産系の会社で、そこも全壊だった。



87: 名無しさん@HOME 2012/08/09 14:07:23

>>85
やっぱり巡り合わせなのかな、そういうの…
出産日近いね
私は震災のその時、帝王切開の真っ最中でした。
前の人が術中にトラブルがあって、開始時間が遅れてしまった。
執刀医曰く、順番が逆だったら、繊細な手技を求められた前の人はやばかったと。

85さんに比べたら、予定帝王切開だったし、大したことじゃなかったけど
手術室前の旦那はパニックで、無事の知らせと赤ん坊を抱いた瞬間腰が抜け
廊下にへたりこんで、オイオイ泣いてたそうだ。
その後、自宅の片づけや、物資不足で苦労したけど、赤ん坊のためならと夫婦で頑張った。
無事に誕生してくれた命、本当に感謝してる。


89: 名無しさん@HOME 2012/08/09 15:20:10

>>85.87
乙でした。

当時、神奈川の海っぺりに勤務・在住してた。
被害はないけど余震や津波警報にgkbrしてた。
たまたま妊婦さんを見掛けたとき、被災地の妊婦さんや怪我人、病人はどんな気持ちだろう、大丈夫なのかと不安だった。
自分の母親の故郷が気仙沼ってこともあり。

なんとか出産を終えたとはいえ、いまだ大変なおもいしてるだろうけど、
家族みんな元気に本当に強く生きていってほしいと思う。



91: 名無しさん@HOME 2012/08/10 07:44:55

>>85
無事でよかった
素敵な義実家に巡り合えたのもよかった
なんだか、本当に人生って、トータルで考えるべきなんだと考えさせられました


92: 名無しさん@HOME 2012/08/29 00:10:36

>>85
強運?と、優しい義実家で良かったね…うちは震災で収入が減った途端に、いきなり強制別居だった…
義父&義母&嫁が『金の切れ目が…』な性格だったとは、震災が起きるまで夢にも思わなかったよ。
津波被害の海岸沿いを見てきた今、震災前からの同じ仕事を続けられて、普通に生きていられるだけ、
俺はマシな方なんだな…とは思うけどね。


97: 名無しさん@HOME 2013/04/09 02:17:04

先月、津波で失ったアルバムが帰ってきた
写真はボランティアの人たちが綺麗に修復してくれてた
跡形も無くなった家や、生死の分からない愛犬
誕生日の写真には、使い慣れた食器が写ってた
懐かしくて愛おしくて泣いた
懐かしいなあ
戻りたいなあ


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2013/09/14 12:47 ] ふぁみりー | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。