家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もうだめだ・・妻との離婚を考えている

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 12:30:45

妻との離婚を考えているのですが、皆さんの意見を聞かせてください。

自分31歳、妻35歳、娘7歳、息子5歳です。

きっかけは7年前。0歳の娘と妻が同時に発熱をしました。
当時はいわゆるブラック企業に勤めていましたので、私はサポートが出来ません。
入社したばかりということもあり、早退すら申し出ることが難しい状況にありました。

妻の母も遠方に住んでおり、すぐには来れない状況。
仕方が無く木曜の夜に妻と娘を私の実家に預けました。

私は水曜日が休みなので、翌週の水曜日に迎えに行ったのです。
実家に身を預けている間に既に妻から何度も【迎えに来て】という連絡がありましたが、
睡眠時間をゼロすれば迎えにいくことも出来たはずなのですが、
【もう少しだけ我慢して】と言い、迎えに行くことはしませんでした。


77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 12:37:31

迎えに行くと、私の顔を見るなり号泣し、
私の母や祖母に何の挨拶もすることなく車に乗ってしまいました。
聞けば、私の母や祖母の配慮が足りなったそうです。
私の家はガサツな家ですから、想像はつくものの当時の私は、
それを嫁のワガママのせいにしてしまいました。

初産で不安定な嫁を、いきなり違う環境に連れて行ったことは
今でも痛烈なミスだったと後悔する毎日です。



スポンサードリンク
82: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 13:33:42

>>77
で、お前はその「痛烈なミス」を
頑張ってリカバーする様を、嫁に示したのか?
心の中で「ミスだった」と思うだけで、何もしなかったんじゃなかろうか?
だとすれば、それはミスと認識してるうちに入らんぞ?


78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 12:47:43

嫁カワイソス


79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 13:00:23

女は出産のときのことは一生忘れないって聞くね。
きっときちんと女房の言うこと聞いて謝ったりは
してないんだろうなぁ。
それくらい言わなくてもわかるのが家族だとか何とか言って・・・


80: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 13:01:05

痛烈なミスだったと後悔して、どんな態度で結婚生活送ってきたの?
それがわからないとなんとも言えない。

嫁の方もどんな態度で?

でもその後二人目の子供も作ったんだよね?


83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 14:30:51

ミスなのかね?自分だって睡眠ギリギリの状態だったし
発熱ってどのくらい出たか知らないけどあとは病院行って点滴してもらうくらいしか
ないんじゃないの?ぶっちゃけそういう状態で夫は海外赴任なんて人だって
いるんだし夫だけそんなに悪いかね。しかもその後子作りするわ、7年も経ってるわで
その事件が原因ではないだろうね。普段の生活の積み重ね?


84: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 14:43:04

本人が痛烈とまで言ってるからにはミスなんだろ。
まさかそんなのミスじゃないよと言って欲しくて
過剰にミスを強調してみたとかいうガキみたいな所業をやってるなんてことはあるまいよ。
故に、本当に反省するしかない、自分にひたすら非があるだけのことなんだろう。


85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 15:15:01

まぁまぁ全貌がわかるまで待とうよ


87: 76 2013/09/21 21:26:33

妻と話し合いをしておりました。続きます。

その事件の後から、嫁の私の実家に対する態度は悪化しました。
実家や親戚からの贈り物を処分したり、贈り物がきたことすら私には言わない始末。
雛人形やベビー服など。親戚からの電話で、贈り物について初めて知ることもありました。
(1,2年で、贈り物が来ることは全くなくなりました。)

実家がらみのイベントがある盆暮正月以外は仲の良い(?)夫婦ですから、
二人目の子供にも恵まれました。これは妻の希望に私が応えた次第です。

私は23歳から27歳までの間、ブラック企業に勤めておりましたから、
親族との付き合いも年に1回か2回程度。年賀状も送らず、年始の顔合わせで済ませる程度。
ただし、事件の後から実家も私達を避けるようになり、孫の顔を見に来たのは7年で2回ほどです。
(実家は車で2時間程度で来れる距離にも関わらず。)
妻も育児に忙しかったことと、自分の両親の住みこみサポートもあって、
いきいきしていたように思います。私と過ごす時間の少なさにも文句はありませんでした。


88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 21:28:20

私は27歳で同業職での転職をし、28歳で独立をしました。
少し時間に融通が利くようになり、金銭的にも余裕が出てきて、核家族として充実していました。
しかしながら、相変わらず盆暮正月には実家がらみの激しい喧嘩が繰り返されます。
それと、このころから妻の私への要求が多くなっていったと思います。
(私も自堕落になっていった部分がありますので、その反動であることは想像できます。)

28歳の時に、現在の関係を見かねた父が、弟と相談をして旅行を企画してくれました。
父としては【付かず離れずでいい。親族なんだから仲良くしよう】との気持からです。
しかし、その旅行中に母が妻の挨拶を無視するなどの行為があり、
妻も父に感謝の言葉を述べることもなく(私に諭されて最後は仕方がなく述べましたが。)
帰りの車中では、延々と【しょぼい旅館だったね。疲れただけだった。】などと文句ばかり。

29歳の時に息子がインフルエンザ脳症を発症し、妻が病院で付き添うことになりました。
見舞にきた両親に私と妻は【娘の面倒をサポートしてほしい】旨を伝えたところ、
母は【無理。絶対に無理。】と言い放ちました。
これには私も父もムッとしたのですが、その後、妻が余りに母を口汚く罵るので、
手を上げてしまいました。これも今となっては後悔しています。


89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 21:29:39

転機は私が30歳となった昨年です。
私と妻は入籍だけで式を挙げておらず、海外で家族4人で式を挙げることを計画していました。

8月、父方の祖母の初盆ということで、父と私と弟(母が来ていないことに注目)で、父の実家に行きました。
叔父が私と妻の結婚式(お披露目の食事会でもいい)を希望し、父も【お金なら出してもいい】との言葉。
弟も【僕も再来年には結婚だから、順番から言って、兄さんが先に挙げてくれよ。】との言葉。
私はここで淡い期待を抱いてしまいました。

私は妻に事情を話すと感激した様子で、後日、実家に挨拶に行きました。
式は海外で挙げたいこと、金額は¥300万以上はかかると思う旨、伝えました。
父は【そんなもんでいいの?】などと太っ腹な態度。これを真に受けた我々夫婦が馬鹿でした。

その1,2カ月後に式の見積りを持っていきました。金額にして¥300万程度です。
参加人数は20人程。海外での挙式の割には安く済ませた方です。
すると、途端に父の顔が曇りました。
【式というのは皆の為にするもの。オマエ達は我儘じゃないか?】
【当初、俺が意図した形と随分違う。お金も¥300万など出せない。】
夫婦でポカーンとしたことを覚えています。
これは恐らく、母の圧力がかかったのだと思われます。そういうことをする母ですので。


90: 76 2013/09/21 21:35:29

最終的に、衣装代の¥65万だけを負担してくれることになり(これも渋々)
挙式は自費で海外にて家族4人で、後日、日本でお披露目食事会を開くことになりました。
(この費用はどちら負担か濁したまま)

ここまで両親の肩を持ち続けてきた私も、これで目が覚めた感がありました。
当然、妻は本当に口汚く私の両親(母だけだったのが父も加わる)を罵ります。これにも私は手を挙げました。
両親が悪いことは認めるのですが、妻が両親を悪く言うのは何故だか許せなかったのです。

結局、当初と話(というより気持ち)が代わり、
夫婦の式に対する熱意も冷め、この件は中止となりました。

31歳の今年の春、娘のランドセルの購入の為に父が上京してきました。
こちらから声をかけて重い腰を上げたような感じです。
その際には、私自身、生まれて初めて父への猜疑心と疎ましさを覚えました。


91: 76 2013/09/21 21:36:05

今年の8月の盆。一ヵ月前の話です。
私はついに自分一人だけで実家に日帰りをすることにしました。
妻にも、【君は来なくてもいいよ。】と笑顔でいい、妻もこれに喜んでいました。

実家で談笑(味気ないものです)していたところ、妻から電話が入りました。
【貴方の両親は、子供たちの七五三の話はした?】との確認の電話。
【いや、話に出てないね。】と俺の回答。これに妻は切れたようです。

実家から帰る時に祖母(我々の家を購入する際に、¥300万を援助してくれました)が、
嫁が好きだから、と言って漬物を持たせてくれたのですが、翌朝には冷蔵庫に見当たりません。
妻が捨てたことは間違いなく、無視をすれば良かったものの、
【なんで捨てるんだ!】と妻に喰ってかかったのが運の尽きで、妻はヒステリックに大声を挙げます。
この際にも妻に手を挙げました。

私が妻に手を挙げるのは、妻がヒステリックに口汚い言葉で私や私の両親をなじった時です。
私の暴力ですが、妻は顔に傷を作ったことはなく、首や腕に青あざが出来る場合があります。
私はというと、妻から反撃の爪攻撃を喰らうので、手や首などが必ず出血します。(跡も残ります。)
正当化するつもりはありません。どの程度の暴力なのかを書いておく次第です。


92: 76 2013/09/21 21:38:30

その際に妻から【貴方はあの汚い実家にはこんなことしないのに、私にはやるのね】と言われ、
実家への思いはほとんどないことを告げても、繰り返し【嘘よ!私より実家が大切なんでしょう!】と。
切れた私はその場で父に電話し、【絶縁】を告げました。
【どうだ】と言う私に妻は【その程度で偉そうにしないで】と言い放ちました。

それっきり、母と祖母から電話があったくらいで、父からは電話がありません。
私も電話をするつもりがなく、祖母はともかく、
母からの電話は、しつこいので仕方がなく出た感じです。

母からの電話の内容はと言えば、弟の結婚式のこと。それから貴方は私の息子だということ。
そして、貴方の結婚は失敗だったということのみ。

さすがにゾッとしました。自分達は私達夫婦をろくに祝福しなかったくせに、
弟の結婚式には私だけでも出席することの言質を取る電話なわけです。それから嫁の否定。
(もちろん弟の結婚式には私だけで出席しようと思っています。嫁も了承済み。)

その事件から1日後、
妻が私に【貴方の親は、私達がこんなに苦しんでいるのに来ないわよね。近いのに。】
【私の親なら来るわ。どう?貴方の親の薄情さを認める?】と言いました。
不思議と頭に血が上らず、【そうだね。】と私は肯定しました。自分でも驚きです。
(30歳超えたもん同士の夫婦ケンカに、親がいちいち介入してくんのもどうよ?と後で思いましたが。)


93: 76 2013/09/21 21:40:28

その後、私は妻に詫びました。しっかりと言葉を選んで。
今まで、自分の親の至らなさで苦しめたこと。君の立場になって考えてあげられなかったこと、を。
そして、妻の両親は素晴らしい両親だが、それを私の両親を比較して、
私を責めるのは、もうやめてくれ。と。
妻も泣いて、【やっと分かってくれたのね。】と。
正直、私の気持は微妙でしたが、何も言わずに抱き締めました。

しかしながら、つい3日前、ささいな事で大ゲンカをしました。
きっかけは私の帰宅が遅いことです。(しいてはもっと家庭を省みて欲しい、とういう要求)
私の妻は、基本的に自分の思い通りにならないことには腹を立てます。
相手にどんな理由があろうと、常に自分を正当化します。(もちろん本当に正しい場合もある。)
最終的に、また私の両親に言及し、子供たちの前で、
【アンタの親がクソだから、アンタもクソなんだよね。遺伝だね!!】と言い放ちました。

私は手を挙げないと自分に誓いましたので、そのまま家を出ました。ひたすら傷心で。
笑ってください。1時間で煙草を一箱吸いつくす勢いで自暴自棄に陥ったのが一昨日。


94: 76 2013/09/21 21:42:31

そして今日も、話し合いの場を設けました。

私と妻の主張の食い違いはこうです。

私【縁を切るとは言ったが、長男だから最低限のことはしないといけない。】
→妻【ほら、切れてない。私より実家を選ぶんでしょ。違う?認めなさいよ、そうでしょ?】
  【弟の結婚式行くんでしょ?私達の結婚の時、彼は何かしてくれた?】

私【もう離婚したい。君とはやってられない。君も辛いだろ?】
→妻【私を思うなら、もっと私に優しくして。離婚したらアンタの親に復讐する。】

私【親のことで俺を罵るのはやめろ、ましてや子供の前で。】
→妻【事実を言って何が悪い。そもそも、私に言わせたアンタが悪い。言われたくなければ怒らせるな。】

この堂々巡りの間に、下記の内容が盛り込まれます。
【アンタの親に私が何されたか。どれだけ私が傷ついたか。】
【そんなアンタの親を庇うアンタにも傷つけられた。】
【私の罵り?そんなのアンタの親の罰をアンタが受けてんのよ!】

結局、15時から話し始めて、解放されたのは20時です。
子供はずっと、テレビやゲームをしており、30分ごとに我々の様子を見に来てました。


95: 76 2013/09/21 21:54:25

結論は【離婚はしない。お互いを思いやって、これからは暮らしていく】という、
何とも抽象的で、また同じ事を繰り返すのが目に見えています。
3時間経過くらいで埒があかないと判断した私は、
【日を改めよう。二人では無理だから、第三者を入れて後日話し合おう】と提案しましたが、
妻は何としても今日で終わらせたいようで【無理矢理に】約束させられた形です。
子供もお腹が空いたと言っており、私も疲れ果て、またも妻に押し切られてしまいました。

こんな約束でも、反故にしようものなら【アンタは約束を守れない】となります。
そして、それが私の親のクソ遺伝だと罵られるのでしょう。

こんな生活の先に夫婦の幸せがあるとは思えません。
仲が良くなくてもいいんです。せめて穏やかに暮らしていきたい。
互いの悪いところはあるでしょうが、細かいところをいちいち指摘するのではなく、
ある程度は大目にみて暮らしていきたいと思う私が欲張りなのでしょうか?


96: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 21:55:39

えっ、何? これで終わり? それとも今また話し合い中?


97: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 21:58:27

あんたの親も酷いぜ。嫁が傷ついているのも確かだろうな。
おまえが今まで間に入ってうまく立ち回らなかったツケが今来たんだろうよ。
ある意味自業自得だ。


98: 76 2013/09/21 22:00:31

以上です。

私は離婚をしたいのですが、
離婚をしたら私の両親に復讐(?)すると妻は言います。
正直、親がどうなろうともはや構わないのですが、
ちょっと犯罪気質のある女性なので、子供の経歴が汚れるのは避けねばなりません。

仲良くしようにも、妻に言われた暴言の数々は1カ月程度では整理がつきません。
こちらが不機嫌な際に、挑発されればぶり返すこともあるでしょう。

うまく離婚する方法はないでしょうか?


102: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 22:21:22

これまでの事はどっちもどっちかな
親と嫁の間で辛いのも分かるけど、嫁は庇って欲しかったんだろうよ
そこに気づくのがちょっと遅かったんだね
だからと言って、この先いつまでも罵倒し続けていいことにはならない

離婚しない条件に、家族のことでじぶんを罵倒しないことって加えればいいんじゃないの?

ごめん、離婚したいんだったね
暴力振るってるのは自分だから離婚は難しいんじゃないかなぁ
今までの会話とか、罵倒、ヒスは録音とか記録してる?
攻めるならそこだと思う
向こうが離婚したくないって主張してる間はなかなか難しいぞ

何より一番問題なのはお前さんの気の弱さだ
優しい=見て見ぬふり じゃないからね
女の感性は男には理解できないけど、とにかく味方になって欲しいんだよ
敵味方じゃないだろっての考えるのが普通の男なんだけどさ

あいつらはいつでも自分が中心なんだよ


104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 22:40:47

実家と嫁との関係の調整力が無さ過ぎたくせに
定期的に言葉に挑発されて嫁に暴力とか情けないなお前。
挑発されて父親に絶縁宣言も引いた、有り得ない。
お前自身が書いたのにこの印象持ったくらいだから
もし嫁が経緯を書いたらもっと酷い印象だろうね。

今までの落ち度を反省して我慢する能力すらないなら
お前が全面的に悪者の立場で離婚して子供のために金だけ渡すしかないね。


106: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/21 22:49:44

ただ、嫁の方も少し大人げないかな…
相手親の悪口を言わないというのは、もう無条件の決まりごとみたいなものであって
個人的には結婚相手の親を事あるごとに罵る相手とは無理だわー
(たとえどんなクソ親でも)

離婚したいのであれば、嫁のご両親と話をしてみるのはどうかな?
立派な両親であれば、貴方側の気持ちを少しは理解してくれるかもしれないし
離婚するにしろしないにしろ、娘を叱るぐらいはすると思う
暴力に関してはお互い様とはいえ、男の方が不利だからそこは反省すべき


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2013/10/18 08:33 ] 夫婦 | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。