家族ネタ、一般的な生活ネタの2chまとめです。
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

子育てするなら、この本は読んでおけ!

561: 名無しの心子知らず 2013/11/04 18:59:49 ID:VTpiVZBv

松田さんの育児の百科の「父親がすること」を読んだ夫が
急に「お風呂に入れるのは俺の仕事だから」って言い出してビックリした


引用元: 子育てするなら、この本は読んでおけ! 1冊目


スポンサードリンク
562: 名無しの心子知らず 2013/11/05 01:29:55 ID:t/jJeuhk

松田翁の 私は赤ちゃん、私は2歳 は面白いよ


563: 名無しの心子知らず 2013/11/05 11:09:16 ID:4bzfpbZu

汐見稔幸「0-3歳の能力を育てる 好奇心を引き出す」も好きだ。
基本的には緩く見守るってことがかかれてあるから、こういう事はさせた方がいいとかかれてあると(よく歩くとか外遊びとか)、ほんとにさせた方がいいんだろうなと思ってしまうw
タイトルから早期教育?知育?と思ってしまうけど、優しい育児書って感じ。


575: 名無しの心子知らず 2013/11/12 14:30:07 ID:/Qn2lLY1

>>563
>汐見稔幸さんなら「0-3歳の能力を育てる 好奇心を引き出す」も好きだ。

紹介してくださってどうもありがとう
現在初めての子を妊娠中です
子を産む前にこの本を読んで良かったです
子供が「なぜ、そうするのか」、それに対して親は「どう、見守るか」が
月齢別に具体例とともに書かれていて分かりやすかったです

あと私自身が早期教育に熱心な親に育てられたんだけど、
子供の頃感じていた言葉に出来ないモヤモヤの正体がようやく分かり
心のつかえが取れた気がします

大らかで優しくてとても良い本でした


576: 名無しの心子知らず 2013/11/12 16:25:56 ID:jwPB4fWm

絵本なんだけど
鈴木まもる「みんなあかちゃんだった」
(小峰書店)

支援センターで見せてもらって、気に入ったから自分用に購入。

産まれた時から3歳くらいまでに
子供がやること、できることがイラストになってる。

育児書みたいに固い内容でないので
プレゼントにもってこいだと思う。

子供が大きくなってから
一緒に読みたい一冊です。


588: 名無しの心子知らず 2013/11/13 16:35:43 ID:tMwn4QKt

絵本
「はやくはやくっていわないで」
自分は要領の悪いこで、物心つく前から保育士や親からもらう言葉に、当時はよく分からないながらも傷ついていたことを思い出した。
我が子にはそういう思いをさせないようにしようとこの本を読んで思いました。
親のための絵本だと思う。


592: 名無しの心子知らず 2013/11/14 12:41:21 ID:LW8PUojx

青木悦「『子どものために』という前に」
内田良子「幼い子のくらしとこころQ&A」

いつの間にか出てくる「~しなくちゃ」っていう気持ちを克服できる。


593: 名無しの心子知らず 2013/11/14 14:14:54 ID:yWsepyRW

個人的に1番のおすすめは、「シアーズ博士のベビーブック」だけど。「子どもの心のコーチング」もすごく良かった。


595: 名無しの心子知らず 2013/11/14 16:53:40 ID:60B3uVvO

クドカンのエッセイ「俺だって子供だ!」は面白かった
子育てで真面目になりすぎてた時に肩の力が抜けた

あと辰巳渚の「母の作法」。「母としての服と女としての服は分ける」くだりで
子供からみるとお母さんはお母さんでしかなく、女としての母は見たくない。
子供は母親の服装に敏感であるなど、なるほどなぁと。


604: 名無しの心子知らず 2013/11/15 15:48:58 ID:LmWaKbBi

「語りかけ育児実践ルール」って本なら読んだ。
「語りかけ育児」は読んでないけど、
↑は活字苦手な自分でも割と読みやすくてわかりやすかったよ。


607: 名無しの心子知らず 2013/11/18 22:11:46 ID:ju0YpIyz

マンガだけど、逢坂みえこ「プロチチ」は
夫に好評でした。

アスペの旦那が激務の嫁に代わって主夫するんだけど、
ナアナアではなくアスペ目線できっちり論理的に描かれてるマンガってことで
男の人には理解し易いっぽい。
逆に通常よくありがちな「旦那が仕事でほとんど育児なんかしないくせに、
やたらわかってる風に口出してくる現象」
がなぜなのかが逆の立場で描かれてて目から鱗だった。

マンガだからこんな簡単にいかないだろってところもあるけど、
育児書に目を通さない人もサラーっと読めるんじゃないかと。
息抜きにおすすめ。


608: 名無しの心子知らず 2013/11/18 23:37:26 ID:D712V1BX

先月号のニュートン
「胎児から新生児へ誕生時の劇的変化」の特集が
生命の神秘というか赤ちゃんの不思議というかなかなか興味深かった。

産後子供に黄疸が出て大変だったんだけど、
ビリルビンが生産される仕組みが解説されてて納得がいったのが個人的にはよかった


613: 名無しの心子知らず 2013/11/20 16:28:33 ID:X+PsPLQd

赤ちゃんの行動や泣き方がわかる本なら赤ちゃんの言葉がわかる魔法の育児書(題名あってるか不安)も参考になったよ

うちの子よく両足上げる行動してたけどガスがたまってる、とかそういうの知らなかったから


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
オススメブログ更新情報
関連記事
[ 2013/11/22 12:55 ] 育児 | TB(0) | CM(0)
人気ページランキング
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。